Help us understand the problem. What is going on with this article?

STM32F303VCにSWDで書き込む

More than 3 years have passed since last update.

STM32F303VCとは

STM32F303VCはSTM32F3-discoveryに載ってるマイコンで、割と強めな方。

基本スペックはリンク参照で。

Discoveryをボードで普通に使う分には

書き込みのことはほとんど考えなかったけど、

DiscoveryにオンボードでST-LINKもあるみたいなので使ってみた。

やってみた

準備する

1,ST-LINK UtilityというソフトをSTMicroelectronics社のHPからDLする。
2,Discoveryのピンヘッダ(CN4)のジャンパを外す。1

ピンを接続する

Discovery上のピンヘッダ(CN3)がSWDのポートっぽい

ピンヘッダの白丸のところが1ピンでそこから全部で6ピン存在する。

それぞれの名称

名称
1 VDD_TARGET
2 SWCLK
3 GND
4 SWDIO
5 NRST
6 SWO

接続法

ピンヘッダ ボード
VDD_TARGET VDD
SWCLK PA14
GND GND
SWDIO PA13
NRST NRST
SWO PB3

(書き込むだけならPB3は繋がなくてもいけた。)

書き込む

PCとST-LINK基板をUSBコネクタでつなぐ。

ST-LINK Utilityを開いてST-LINK基板とConnectする。

Connect後にMCUがSTM32F30xとかになっていれば接続はOK。

接続されたら[Ctrl+P]2で書き込むファイルを選択する。

あらかじめ生成しておいた.hexファイルを選択し、書き込む。

動作確認

ボード上のLEDがちかちかしてくれたんでOK。

無事動いたし、めでたしめでたし。

まとめ

とりあえず書き込みすることができたのでOK。

STM32の他の奴(F4とかF7とか)でもできるっぽいので楽しみ。

注釈


  1. ジャンパを外すとST-LINKモードとなる。ジャンパを付けるとDescoveryモードとなる。 

  2. [Target]-[Program&verify...]のショートカットキー 

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away