search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Linuxのパーティションをいろいろいじってみる

前回の記事でパーティションの分割をしたので、今回は分割したパーティション使えるようにする!

設定項目
①マウント
②ユーザーごとの容量の制限
③権限設定
④マウントポイントにシンボリックリンク設定

①マウント

前回分割した拡張領域の/dev/sda5を以下の順番でマウントしていく。
1,/etc/fstabを編集
2, /dev/sda5にmountコマンドを実行

[root@localhost ~]# fdisk -l
・・・
・・・略
・・・
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1            2048     2099199     1048576   83  Linux
/dev/sda2         2099200     8390655     3145728    5  Extended
/dev/sda5         2101248     4198399     1048576   83  Linux ←これ

現在のマウント状態の確認。mountコマンドをそのまま実行する。

[root@localhost ~]# mount
sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel)
proc on /proc type proc (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
・・・
・・・略
・・・
#/dev/sda5が無い
/dev/sda1 on / type xfs (rw,relatime,seclabel,attr2,inode64,noquota)

1,/etc/fstabを編集

先にバックアップをとっておく。

[root@localhost ~]# cp -p /etc/fstab /etc/fstab.bak
[root@localhost ~]# vi /etc/fstab

行末に/dev/sda5 /home2 ext4 defaults 1 2を追加。

各項目の意味
/dev/sda5・・・マウントするデバイスファイル名
/home2・・・/dev/sda5と結びつけるディレクトリ(絶対パス)
ext4・・・ファイルシステムの種類(reiserfs、xfsなど他にもいろいろある)
defaults・・・マウントオプションはデフォルト
1・・・バックアップ必要かどうか(1:必要、2:不要)
2・・・fsckコマンドでチェックを行う時の順序

/etc/fstab

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Sat Jun  1 17:13:31 2019
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
UUID=8ac075e3-1124-4bb6-bef7-a6811bf8b870 /                       xfs     defaults        0 0
/swapfile none swap defaults 0 0
/dev/sda5 /home2 ext4 defaults 1 2 ←ここに追加

マウント先のディレクトリ/home2を作ってなかったので作成して、マウントコマンドを実行。

[root@localhost ~]# mkdir /home2
[root@localhost ~]# mount -a
mount: special device /dev/sda5 does not exist

あれ?無いって言われる。でもfdisk -lで出てくるので、デバイスファイルを確認してみる。

[root@localhost ~]# ls /dev/sda*
/dev/sda  /dev/sda1

デバイスファイルが無い。再起動したら、デバイスファイル作られるんじゃないと思って再起動。

[root@localhost ~]# systemctl reboot
grub rescue>
え!

OSが起動しなくなった・・・
PC起動しようとしたら「unknown filesystem」って出て焦ったを参考に対応したが直らず。
さらに調べたら、自分と同じ状況の記事が見つかった。
どうやら、USBかDVDでOS起動して、OSのインストールをやり直すらしい。
今回は仮想マシンを使ってるので、vagrant upし直すことにした。

$ vagrant status
Current machine states:
これを消す
default                   poweroff (virtualbox)

The VM is powered off. To restart the VM, simply run `vagrant up`
$ vagrant destroy ← 削除する
    default: Are you sure you want to destroy the 'default' VM? [y/N] y
==> default: Destroying VM and associated drives...
7$ vagrant status
Current machine states:
削除された
default                   not created (virtualbox)
$vagrant up  ← 再度up

またふりだしに戻った・・・。次回こそは①〜④まで完成させたい!!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1