Help us understand the problem. What is going on with this article?

「日程くん」から得られたスケジュールをGoogleカレンダーにインポートする

概要

上記の投稿で、Jリーグの日程が取得できたので活用したいと思います。
日頃使っているカレンダーアプリにインポートできれば、逐一入力する手間が省けます。そこで
Google カレンダーにインポートできる形式のファイルを作成しましょう。

iCalender形式について

基本形

sample.ics
BEGIN:VCALENDAR
VERSION:2.0
BEGIN:VEVENT
DTSTART;TZID=Asia/Tokyo:20200223T130000
DTEND;TZID=Asia/Tokyo:20200223T150000
SUMMARY;LANGUAGE=jp-JP:第1節第3日 FC東京
DESCRIPTION;LANGUAGE=jp-JP:キックオフ:13:00\n
    スタジアム:アイスタ\n
    クラブ:http://www.fctokyo.co.jp/\n
    JAL:https://www.jal.co.jp/\n
    ANA:https://www.ana.co.jp/\n
END:VEVENT
END:VCALENDAR
  • BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0がヘッダー行で、END:VCALENDARがフッター行で構成される。
  • BEGIN:VEVENTEND:VEVENTで一つのスケジュールを記述する。アイテムが複数あればこの繰り返しが必要になる。
  • DTSTART:開始時間、DTEND:終了時間、時間の表示形式は%Y%m%dT%H%M%Sです。例:20200223T130000
  • タイムゾーンは;TZID=Asia/Tokyoと指定する。
  • 言語は;LANGUAGE=jp-JPと指定する。
  • DESCRIPTIONで複数行に分けたい場合は、\nを行末に付与する。内容については、例では航空会社2社を追加していますが、宿泊サービスやスタジアムの位置情報などがあれば便利です。

コード

schedule_all.py
import datetime
import pandas as pd

# 'https://data.j-league.or.jp/'の日程結果から取得する
data = pd.read_csv('./csv/Game_Schedule_2020.csv', sep=',', encoding='utf-8')

キャプチャ1.PNG

schedule_all.py
# クラブHPのアドレスを収集したローカルファイルを準備する
club = pd.read_csv('./csv/master_club_2020.csv', sep=',', encoding='utf-8')

対戦するクラブのアドレスを詳細データに入れるために、独自で作成したデータを準備しました。
キャプチャ2.PNG

schedule_all.py
yyyy = 2020
# 抽出したいチーム名を指定する
team = data[(data['ホーム'] == 'チーム名') | (data['アウェイ'] == 'チーム名')]

「チーム名」を取得したいチーム名に変更する。

schedule_all.py
# 固定文字列を作成する
header = (r'BEGIN:VCALENDAR' + '\n'
            r'VERSION:2.0' + '\n')

footer = (r'END:VCALENDAR')

info = ('   JAL:https://www.jal.co.jp/\\n\n'
        '   ANA:https://www.ana.co.jp/\\n')

timezone = ';TZID=Asia/Tokyo'
language = ';LANGUAGE=jp-JP'

テンプレートを構成する文字列を作成する。

schedule_all.py
schedule_all = []

for i in range(len(team)):
    if team['KO時刻'].iloc[i] == '●未定●':
        break
    # 特定チームデータから節単位に以下の項目を作成する
    # start_datetime, end_datetime, section, home or away team, kick_off, stadium, club HP
    tmp_date = team['試合日'].iloc[i]
    tmp_date = str(yyyy) + '/' + tmp_date[:5]
    start_time = team['KO時刻'].iloc[i]
    tmp_date_time = tmp_date + ' ' + start_time + ':00'
    tmp_dtstart = datetime.datetime.strptime(tmp_date_time, '%Y/%m/%d %H:%M:%S')
    tmp_dtend = tmp_dtstart + datetime.timedelta(hours=2)
    # start_datetime
    dtstart = tmp_dtstart.strftime('%Y%m%dT%H%M%S')
    # end_datetime
    dtend = tmp_dtend.strftime('%Y%m%dT%H%M%S')
    # section
    sec = team['節'].iloc[i]
    # team name
    team_name = team['アウェイ'].iloc[i] if team['ホーム'].iloc[i] == 'チーム名' else team['ホーム'].iloc[i]
    # kick off
    kickoff = str(team['KO時刻'].iloc[i])
    # stadium
    stadium = team['スタジアム'].iloc[i]
    # club HP
    club_url = club[club['略称'] == team_name]['オフィシャルサイトURL']

    # 節単位のデータからiCalender形式で文字列を作成する。
    begin = 'BEGIN:VEVENT'
    dstart = 'DTSTART' + timezone + ':' + dtstart
    dend = 'DTEND' + timezone + ':' + dtend
    summary = 'SUMMARY' + language + ':' + sec + ' ' + team_name
    description1 = r'DESCRIPTION' + language + ':' + 'キックオフ:' + kickoff + '\\n'
    description2 = r'   スタジアム:' + stadium + '\\n'
    description3 = r'   クラブ:' + club_url.values[0] + '\\n\n' + info
    end = 'END:VEVENT' + '\n'

    # 節単位のデータをリスト化する
    contents = [begin, dstart, dend, summary, description1, description2, description3, end]
    schedule_all.append(contents)
  • 後半戦はキックオフ時間がまだ未定のため、KO時刻が決定しているデータのみ作成
  • イベントの終了時間は、datetime.timedelta(hours=2)で2時間後と指定
  • 節単位のデータをschedule_allに追加
schedule_all.py
# カレンダーファイルの作成
path = './csv/schedule_all_2020.ics'
with open(path, mode='a', encoding='utf-8') as f:
    f.write(header)
    for s in schedule_all:
        f.write('\n'.join(s))
    f.write(footer)

最後は、節単位のリストをループ処理し、テキストファイルを作成する。(※説明のため、節データの作成するループ処理とテキストファイルを作成するループ処理に分けました。)
無題.png

参考にさせていただいた記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした