Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

ESP-WROOM-02 ブラウザから接続先が設定可能な温湿度・光度計

More than 3 years have passed since last update.

概要

WiFiの接続情報は、時と場合によって変わります。
その都度PCとケーブルで繋いでプログラムし直すのは大変面倒です。

@exabugsさんのこちらの投稿がとても良いアイデアだなぁと思い、
温湿度計+光度計に実装してみました。

今回は、SSID/PWだけではなく、
データの送信先hostとpathもブラウザから変更できるようにしました。

起動モードを「セットアップモード」と「測定モード」にわけて、ピン状態で起動し分けるようにしています(後述)。

使用材料

ブレッドボードパワーモジュールは、3.3v, 5.vの両方が出力でき、ブレッドボードにそのままさせて、とても便利でおすすめです。
※但しUSBコネクタ部がメスなので、type Aのオスオスケーブルが必要になります(こういうのです)。

wroom-02-温度湿度光度_ブレッドボード.png

WROOM-02のパーツ部品がfritzingにないので、適当なICを代わりに用いております。読み替えて下さい。。。

  • 光センサは、WROOM-02のADC機能を持ったTOUT PINに接続します。
    • 0V - 1Vの間での測定ですので、100kと47kの抵抗で分圧しています。
  • スライドスイッチ
    • 左にして起動:WROOM-02 プログラムモード
    • 右にして起動:WROOM-02 通常起動
  • IO5ピンをLOWにすると、セットアップモードで起動(後述)

7461.jpg

スケッチ

今回は、下記のモジュールを用いました。

  • FS.h
    • データ永続化用
  • RestClient.h
    • HTTP Rest Client ライブラリの管理から、restで検索すると出てきます。
  • DHT.h
    • DHT22のライブラリ

githubにもあげています

#include <ESP8266WebServer.h>
#include <RestClient.h>
#include <FS.h>
#include <DHT.h>

/////////////////////////
/// definitions
// setupモード時のssid/password
#define SSID "esp8266"
#define PASSWORD "12345678"

// このピンがLOWならば強制セットアップモード
#define PIN_FORCE_SETUP 5

// 永続化ファイル名
#define WIFI_CONFIG "/wifi.conf"
#define DATA_SEND_URL_CONFIG "/data_send.txt"

// 温湿度計
#define DHTPIN 4
#define DHTTYPE DHT22

// CDSセルのピン(ESP8266にはADCは1つしか無く、0V-1Vの範囲を10bit分解能で読めるらしい
// ピンはTOUT固定。
#define CDSPIN A0
// memo : 秋月のCDS、実測で5k(明) - 500k(液晶ディスプレイの光)だった
//       手で覆うと15M程度まで上がった
// http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00110/
// 100k と 47kで分圧して、A0で測定すると、約920~20くらいまで変化する

// 設定のformページ
#define INDEX_HTML \
  "<html><head><meta name='viewport' content='width=device-width,initial-scale=1'></head><body>" \
  "<form method='GET' action='/set_ssid'><div>SSID:<input name='ssid'></div>" \
  "<div>PW:<input name='pw'></div>" \
  "<button>OK</button></form>" \
  "<hr>" \
  "<form method='GET' action='/set_data_url'><div>send host:<input name='host'></div>" \
  "<div>send path:<input name='path'></div>" \
  "<button>OK</button></form>" \
  "</body></html>"
/////////////////////////


/////////////////////////
// グローバル変数
ESP8266WebServer *server;
RestClient *client; 
// データ送信先のホスト
// memo: RestClientがhostをポインタで保存するので、消さないでおく必要がある。。
char host[100];
// データ送信先のパス
char path[100];
// 温湿度計
DHT dht(DHTPIN, DHTTYPE);

/////////////////////////


/////////////////////////
// 関数

int try_connect(const char *, const char *);

// setupモードハンドラ:index
void handleIndex() {
  server->send(200, "text/html", INDEX_HTML);
}

// setupモードハンドラ:SSID/PWの設定
void handle_set_ssid() {
  String ssid = server->arg("ssid");
  String pw   = server->arg("pw");

  if (ssid.length() > 0 && pw.length() > 0) {
    // ok
    // 接続してみる
    try_connect(ssid.c_str(), pw.c_str());
    if (! is_wifi_connected()) {
      // 接続失敗
      setup_config_mode();
      /*
      WiFi.softAPdisconnect(true);
      WiFi.disconnect(true);
      WiFi.mode(WIFI_AP);
      WiFi.softAP(SSID, PASSWORD);
      */
      Serial.println("connection failed!");
    }
    else {
      // 接続成功
      // wifi設定保存
      save_wifi_config(ssid, pw);
      Serial.println("successfully connected!");
    }
  }
  else {
    server->send(200, "text/html", "need ssid and pw");
  }
}

// setupモードハンドラ:データ送信先の設定
void handle_set_data_url() {
  String host = server->arg("host");
  String path = server->arg("path");

  if (host.length() > 0 && path.length() > 0) {
    // ok
    save_data_send_config(host, path);
    server->send(200, "text/html", "OK!");
  }
  else {
    server->send(200, "text/html", "need host and path");
  }
}

// WIFI設定のセーブ
void save_wifi_config(String ssid, String pw) {
  File f  = SPIFFS.open(WIFI_CONFIG, "w");
  f.println(ssid);
  f.println(pw);
  f.close();
}

// WIFI設定のロード
void load_wifi_config(char *out_ssid, char *out_pw) {
  File f  = SPIFFS.open(WIFI_CONFIG, "r");
  String ssid = f.readStringUntil('\n');
  String pw   = f.readStringUntil('\n');
  ssid.trim();
  pw.trim();
  sprintf(out_ssid, "%s", ssid.c_str());
  sprintf(out_pw, "%s", pw.c_str());
  f.close();
  Serial.println("ssid : " + ssid);
  Serial.println("pw   : " + pw);
}

// データ送信先設定のセーブ
void save_data_send_config(String host, String path) {
  File f  = SPIFFS.open(DATA_SEND_URL_CONFIG, "w");
  f.println(host);
  f.println(path);
  f.close();
}

// データ送信先のロード
void load_data_send_config(char *o_host, char *o_path) {
  File f  = SPIFFS.open(DATA_SEND_URL_CONFIG, "r");
  String host  = f.readStringUntil('\n');
  String path  = f.readStringUntil('\n');
  host.trim();
  path.trim();
  sprintf(o_host, "%s", host.c_str());
  sprintf(o_path, "%s", path.c_str());
  Serial.println("host : " + host);
  Serial.println("path : " + path);
  f.close();
}

// WIFIつながっている?
bool is_wifi_connected() {
  return WiFi.status() == WL_CONNECTED;
}

// WIFIに接続する
int try_connect(const char  *ssid, const char *pw) {
  Serial.println("ssid : " + String(ssid));
  Serial.println("pw   : " + String(pw));
  WiFi.softAPdisconnect(true);
  WiFi.disconnect(true);
  WiFi.mode(WIFI_STA);
  WiFi.begin(ssid, pw);
  int wait = 20;
  while (! is_wifi_connected()) {
    delay(500);
    if (wait-- == 0)  break;
  }

  Serial.println("");
  Serial.print("Connected to ");
  Serial.println(ssid);
  Serial.print("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());

  return WiFi.status();
}

// サーバ立てる
void setup_config_mode() {
  WiFi.softAP(SSID, PASSWORD);
  if (server != NULL) {
    delete server;
  }
  server  = new ESP8266WebServer(80);
  server->on("/", handleIndex);
  server->on("/set_ssid", handle_set_ssid);
  server->on("/set_data_url", handle_set_data_url);
  server->begin();
  Serial.println("server started");
}

// 温湿度の読み込み
bool read_hum_temp(float *o_hum, float *o_temp) {
  *o_hum    = dht.readHumidity();
  *o_temp   = dht.readTemperature();

  if (isnan(*o_hum) || isnan(*o_temp)) {
    // 読み込み失敗
    return false;
  }
  return true;
}


//////////////////////
void setup() {
  // ファイルシステム開始
  SPIFFS.begin();
  // 温湿度計開始
  dht.begin();
  // SerialにException (29):がでたら下記を実施してみる
  // https://github.com/esp8266/Arduino/issues/1648#issuecomment-185856545
  //ESP.eraseConfig();
  // ESP.reset(); 
  // http://qiita.com/exabugs/items/2f67ae363a1387c8967c

  Serial.begin(9600);

  // 強制セットアップモードピン
  pinMode(PIN_FORCE_SETUP, INPUT_PULLUP);
  delay(200);
  int setupMode = digitalRead(PIN_FORCE_SETUP);

  if (setupMode == HIGH) {
    // セットアップピンがHIGHならば、WiFiに接続する
    Serial.println("Setup pin = HIGH");
    load_data_send_config(host, path);
    char ssid[64];
    char pw[64];
    load_wifi_config(ssid, pw);
    Serial.println("load done");
    try_connect(ssid, pw);
    Serial.println("HIGH done");
  }
  else {
    Serial.println("Setup pin = LOW");
    WiFi.disconnect();
  }

  // WiFiに繋がったかチェック
  if ((! is_wifi_connected()) || setupMode == LOW) {
    // Config Mode
    Serial.println("entering setup config mode");
    setup_config_mode();
  }
  else {
    // データ送信モード
    client  = new RestClient(host);
    Serial.println("RestClient setup done");
  }
}


void loop() {
  if (is_wifi_connected()) {
    // WiFi接続時のメイン処理
    // 明るさ
    int brightness  = analogRead(CDSPIN);
    // 湿度
    float humidity;
    // 温度
    float temperature;
    if (read_hum_temp(&humidity, &temperature) == false) {
      // 読み込み失敗
      Serial.println("hum temp read failed");
      delay(2000);
      return;
    }
    String req_path = String(path);
    req_path  += String("?hum=") + humidity + "&temp=" + temperature + "&bri=" + brightness;
    Serial.println(req_path);

    String response = "";
    int status = client->get(req_path.c_str(), &response);
    Serial.print("status = ");
    Serial.println(status);
    //Serial.println(response);
    //Note: responseがあまりにも大きいと、システムが落ちる
    delay(60000);
  }
  else {
    //setup_config_mode();
    server->handleClient();
  }
}

起動モード説明

  • 次の2種類のモードがあります
    • セットアップモード
      • Webサーバ、APとして起動し、各種の設定がWebブラウザから可能なモード
    • 測定モード
      • 温湿度、光度を計測し、送信するモード
  • 永続化されたWiFiのssid/pwがない場合は、セットアップモードで起動します
  • IO5番ピンをLOWにして起動すると、強制的にセットアップモードで起動します

まとめ

WROOM-02の設定をブラウザで実施できるようにしました。
開発環境いらずで、設置したい場所の状況に応じてSSIDや送信先がスマホブラウザで変更可能となりました。

雑感

WROOM-02はフラッシュの容量が大きくて、コードサイズをatmega328等と比べ、あまり意識しなくてもいいため良いですね。
また、ArduinoはStringクラスが用意されているため、sprintfいらずなのもgoodです。

会社に持って行って、グラフ化してみようと思います。

radiko
スマホやPC、スマートスピーカーでラジオ放送が聴けるネットサービス『radiko』の企画・開発・運営を手がけています。
https://radiko.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away