Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power AutomateでTrelloの作成済みのカードにラベルを付与しようとしたら出来なかった

Power AutomateでTrelloの作成済みのカードにラベルを付与しようとしたら出来なかったという話。

フローのエディター画面でTrelloのカードにラベルを付与できるアクションが見当たらない

Power AutomateでTrelloの作成済みのカードにラベルを付与したかった。
しかし、フローのエディター画面でTrelloのアクション一覧を見てみたが、「カードにラベルを付与する」「カードのラベルを更新する」のようなアクションは見当たらない。

スクリーンショット 2020-03-21 15.48.48.png
スクリーンショット 2020-03-21 15.49.15.png
スクリーンショット 2020-03-21 15.49.24.png

「カードの更新」アクションの中で指定できるのでは?と思い確認したが、そのような項目はなかった。
image.png

ちなみに「カードの作成」アクションではちゃんと「ラベルID」の項目がある。
image.png

Microsoftの情報をあたってみた

MicrosoftのPower Usersコミュニティのページを見てみると以下のような質問投稿があった。

I'm creating flows to take actions when a new card is added to a list and i'd like to add a label to the card. I can't easily find a way of doing this - can anyone help?

それに対しての回答はこう。

It seems that you are using the trigger When a new card is added to a list, to add a label to the card, you will have to use the action Update a card. However, currently there is no Label Id field could be used to update the card.

要するに、作成済みのTrelloのカードにラベルを付与する機能は現在未実装とのこと。

代替策

ラベルの代わりにカードのタイトルにプレフィクスを付けるようにした。

例:受信メールというラベルを付与する代わりに、タイトルを[受信メール]<元のタイトル>とする。

おわりに

Power Automate Ideasに、「カードのラベルを更新できるようにしてほしい」という要望が上がっているので、同じ箇所で困っている人はVoteすると良いと思う。(Microsoftアカウント必須)

以上

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした