Ruby
CentOS
rbenv

rubyインストールメモ(CentOS7)

More than 1 year has passed since last update.

目的

rbenvを利用してCentOS7にrubyをインストールする。

手順

  • yumアップデートとruby-buildの推奨環境設定、gitインストール
$ sudo yum update
$ sudo yum install -y gcc bzip2 openssl-devel libyaml-devel libffi-devel readline-devel zlib-devel gdbm-devel ncurses-devel
$ sudo yum install -y git
  • rbenvruby-buildをインストール
// ソースのクローン
$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
// パスを通す
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc 
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
// バージョン確認
$ rbenv --version
rbenv 1.0.0-16-gd6ab394
  • rubyのインストール
// rbenvでインストールできるバージョン一覧確認
$ rbenv install --list

// ruby2.3.0をインストール
$ rbenv install 2.3.0
  • rubyバージョンの選択 インストールしただけでは使いえない状態で、バージョンを選択する必要がある。
// インストールされているrubyバージョンリスト確認
$ rbenv versions
  2.3.0
// バージョンを選択(rbenv localを使えばディレクトリ固有でバージョンを指定可能)
$ rbenv global 2.3.0
$ rbenv versions
* 2.3.0 (set by /home/vagrant/.rbenv/version)
  • (おまけ)Bundlerインストール
$ gem install bundler

参考