windows7
ODBC
access
WindowsServer

Windows7系のOSでMYSQLをaccessで参照しようとした話

windows7の管理ツールではデータソース(ODBC)は64bitの物しか出ない!!

これのせいでしばらく積んでたのが解決したので記憶があるうちに書いとくことにする。
ICOPY000.jpg
上の画像はWindows7(実際はWindowsserver2008だが)のコントロール パネル\システムとセキュリティ\管理ツールのスクショである。
赤線で示したデータソース(ODBC)は64bit版のものでaccess用にインストールした32bit版のmysql odbc がシステムDNSに追加できない。
なので32bit版のデータソース(ODBC)を探して実行した。

わかりにくい置き場所

目的のブツのファイル名は odbcad32.exe これがどこにあるかというとC:\Windows\SysWOW64と一見32bit版の物が置いてあるとは思わないような名前をしている。
調べたところここは32bit版のプログラムの置き場らしい。クッソ解りずらいにもほどがある。
なんにせよ見つけたファイルを実行してやれば32bit版のデータソース(ODBC)の設定ができる。
Windows8からは64bit、32bit両方の物が表示され解り易くなっているので楽なんだが...

ついでに

ODBCインストールでちょいと気になったところを書いておこう。
普通にインストーラを公式からダウンロードしてやるだけではダメらしい。
インストール先のmyodbc-installer.exeを実行しなきゃならんとのことだが、実行しても一瞬コマンドプロンプトが見えるだけで何がどう変わったのかがわからなかった。
詳細が解ったら追記したいと思う。