Git
トリビアの泉

途中から .gitignore が言うことを効かない時

More than 1 year has passed since last update.

あるある

結構コミットのスタックがたまってから、途中から「やっぱりignoreしたい」となって、.gitignoreをいじってみても、うまく無視されて無いときがあります。僕だけか...?

適切解?

そういう時はgitignoreを編集後、以下のようにgit rmしてやると適用されるようです(git rm --cachedの場合もあります)

$ git rm want-to-ignore-file
$ git commit -m '消しまっせ〜'

注意

以下のように、一回全部git rm -rしなさい、ってやり方もありますが、この記事中でも言及されているように、一回全部消してからもう一回全部addする、という結構強引なやり方です。

$ git rm -r --cached
$ git add .
$ git commit -m "無理矢理でっせ〜"

version control - Ignore files that have already been committed to a Git repository - Stack Overflow
http://stackoverflow.com/questions/1139762/ignore-files-that-have-already-been-committed-to-a-git-repository

See Also

.gitignore does not work [duplicate]
http://stackoverflow.com/questions/6380196/gitignore-does-not-work