プロジェクトで統一した方が良い設定(空白の扱い)

  • 31
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

gitなどでソース管理をする上で、空白のルールが統一されていないと空白に関するdiffが増えて、ソース管理の邪魔になりやすいので、以下の設定は必要に応じてチームで決めた方が良い。(マージ時にCONFLICTしにくい)

Preferences.sublime-settings
{
    "draw_white_space": "all",
    "ensure_newline_at_eof_on_save": true,
    "tab_size": 2,
    "translate_tabs_to_spaces": true,
    "trim_trailing_white_space_on_save": true,
    ...
}

  • draw_white_space 空白(タブ、スペース)を可視化
  • ensure_newline_at_eof_on_save 最後の行を空白行にして保存
  • tab_size 空白サイズ
  • translate_tabs_to_spaces タブをスペースに変換
  • trim_trailing_white_space_on_save 行末の空白を保存時に削除

その他

  • チーム外で作られたファイルを改変する場合は、空白の扱いルールが違う場合があるので、必要に応じて設定を変更する
  • "folder_exclude_patterns", "file_exclude_patterns"も統一してもいい
  • .gitignore, .gitignore_globalなども共通ルールが推奨される