RubyMotionのためのScreencastsとか動画まとめ

  • 12
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

まず最初に
公式のDeveloper CenterにBooksやScreencastsが紹介されています

RubyMotion動画

※動画はすべて英語

motioncasts http://motioncasts.tv/

  • $12.99 USD/月
  • 月1本 5分〜15分程度 (2012/07から)
  • ページ内でなくmp4ダウンロードになった
  • 解像度は良い・訛ってる・割高だと思う

:beginner: Pragmatic Studio - RubyMotion Screencast :8ball:

  • 無料 50分 (2012/05ごろ)
  • 聞きやすい
  • まだ買ってない人やほとんど触れてない人は見ても良いかも

:seedling: MotionInMotion http://upcoming.motioninmotion.tv/

  • 公開前、週一予定?
  • とりあえずEmail登録しておくと良いと思う

:earth_americas: YouTube カンファレンス等

:european_castle: RubyMotion #inspect 2013 Conference http://www.rubymotion.com/conference/

Big Binary - Learn RubyMotion

http://bigbinary.com/videos/rubymotion

Objective-C関連動画

:calling: NSScreencast http://nsscreencast.com/

  • $9.00 USD/月
  • 週1本 主に10分〜20分 (2012/02から)
  • 頻度も動画の長さも扱ってるトピックもちょうど良い

:school: CodeSchool https://www.codeschool.com/paths/ios

  • インタラクティブに問題を解く形式
  • $29/月(他のRubyのコース等も含む)
  • 無料コースやキャンペーンもよくやっている
  • 説明の流れはとにかく分かりやすい
    • 出題はブラウザ内のコンソールやXCode上で解くものなど
    • 問題文の読解が難しい
    • iOS自体の仕組みとか(パターンとか座標の考え方とかレイヤーとか)よく説明している
    • スライド(PDF)が良い
  • Screencastsもある Code TV

AzamSharp channel http://www.youtube.com/user/azamsharp/videos

  • Learning iOS Development
  • 月1、2本 10〜15分程度

まとめ

一番のおすすめはNSScreencast :thumbsup:

ある程度iOSが分かってくると、RubyかObjective-Cかという点はあまり重要ではなくなってくる
結局はiOS
iOS7で大きく変わったように、定期的にAppleの変更に振り回されることにもなるし、
iOSの新しい機能なんか使いたければgemなどがあるわけではないので、自然とiOSのAPIをそのまま使うようになる

有料のものはやる気や時間がある時に、1、2ヶ月だけ支払いして一気に見るのも可能
サンプルコードを動かしてみたり、コードの流用をするのも良い

月に数回RubyMotion触ろうかなという感覚になるものの進まない人は
勉強会がベストと思う

RubyMotionのメリット

普段まとめる機会がないので考えてみた

  • 簡単に書ける
    • メタプログラミング
    • 分かりやすく書きやすい(気軽に小さいメソッドに抽出できるとか)
  • gitで管理しやすい
  • クライアント/サーバー(Rails)が両方Rubyで書ける
    • 1つのプロジェクトで管理すると、名前の変更とか一貫してやりやすいとか
    • コマンドラインとエディタがあれば良い
  • OSXアプリも作りやすい

RubyMotionを誰が使うべきかについては、やはりRubyをはじめとする軽量言語を主にやっている人かなと思う

そもそもObjective-C, XCodeであまり手を動かしてないので、個人的にあまりデメリットは感じない
Objective-Cで長くやっている人はけっこう意見があるらしい(静的チェック、補完、メモリ管理など)

個人的には、RubyMotionをきっかけにiOS, Objective-C, XCodeなどへの抵抗が減っていると感じる
普通にしてたら手を出さなかったであろうiOS, OSXアプリの開発ができるようになった点が良かった点と思う