Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

PIC で MIDI の送受信 - 1. MIDI 送受信の回路

PIC マイコンの EUSART モジュールを用いて、MIDI 信号を送受信してみます。

MIDI のハードウェア規格

まずは MIDI (Musical Instrument Digital Interface) のハードウェア規格を簡単にまとめておきます。

  • 転送速度 31.25 kbps (±1%) の非同期方式シリアル転送。
  • データは、スタートビット、データビット(8 ビット)、ストップビットの計 10 ビットの単位で転送される。
  • 5 mA のカレントループで、電流が流れている状態が "0" を、流れていない状態が "1" を表す。
  • 受信回路ではフォトカプラを使用して送信回路と絶縁する。
  • コネクタには 5 ピンの DIN を使用(各ピンのアサインは下表)。
ピン アサイン
Pin 1 未使用
Pin 2 シールド・接地(送信側のみ)
Pin 3 未使用
Pin 4 信号
Pin 5 信号

MIDI 送受信の回路

今回使用する回路です。
MIDI の規格書 にも、送受信の回路例が示されています。

回路図中の TX / RX はそれぞれ PIC の EUSART TX / RX ピンに接続します。

送信側

MIDI_Output.png

受信側

MIDI_Input.png

  • TLP2630 は、東芝のフォトカプラ TLP552 のデュアルチャネルタイプ(今回はその 1 チャネルのみを使用)。
  • ダイオードはフォトカプラ保護用。
  • 0.1 μF のコンデンサは TLP2630 のデータシートで指定されているバイパス用のもの。
  • 1 kΩ の抵抗はプルアップ抵抗。

次回は、PIC から MIDI 信号を送信するプログラムについて書きたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What are the problem?