Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Javascript】演算子をオーバーロードしたい話

More than 3 years have passed since last update.

動機

python にはnumpyというライブラリがあります。numpyでは行列の演算を以下のコードのように処理できます。

a = numpy.array([1,2,3,4,5])
b = numpy.array([1,2,3,4,5])
a * 3 
=> [ 3  6  9 12 15]
a - b
=> [0 0 0 0 0]
a * b
=> [ 1  4  9 16 25]

でこんな感じの演算をJavascriptで実現したいなぁと思いました。

結論

いきなりですが結論から言うと無理に等しいです。そもそもJavascriptは演算子のオーバーロードを許していません。
ただvalueOfを継承することでイイ線まではいきます。
参考: http://www.2ality.com/2011/12/fake-operator-overloading.html

valueOfでいいところまで実装してみる

valueOfはJavascriptのObjectに実装されてるメソッドです。つまり全てのオブジェクトがvalueOfを継承しています。プリミティブには無い。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/valueOf
こんな事が出来ます。

var exampleOne = {valueOf: function(){return 1;}};
var exampleTwo = {valueOf: function(){return 2;}};

exampleOne + exampleTwo
=> 3

なんか行けそう!!なきがしますが、結局valueOfはプリミティブな値を返さないといけません。
ということは結局振り出しに戻ります。

var exampleOne = {
    valueOf: function(){
        return {
            add: function ・・・   ← このように出来ない
        };
     }
};

なかなかうまく行きません。。。そこで次の方法を考えます

式全体をラップする

式全体をラップすることで 部分的 に扱うことが出来ます。
参考: https://github.com/rauschma/op_overload

var operands = []
fake_numpy.prototype = funciton(){
    operands.push(this);
    return 3;
}
function A(value){
 //__minus などの定義省略
    var operator;
    var ops = operands;
    if(value === 0 && ops.length === 2){
        operator = __minus
    }else if (ops.length === 2 && value === 1) {
        operator = __divide;
    } else if (ops.length >= 2 && (value === 3 * ops.length)) {
        operator = __add;
    } else if (ops.length >= 2 && (value === Math.pow(3, ops.length))) {
        operator = __multiply;
    }else {
        throw Error("失敗");
    }
    operands = [];
    return operator.apply(this, ops);
}

valueOfが評価されるときに一旦オブジェクトを保存して、ラップした関数内で初めての計算を行います。
例えばvalue が式の項目の3の倍数の数であれば、元の式は恐らくすべて+なんだろうなぁと推測できます。
それらの数値から元の式の形を判定しそれら全てを特定の関数(例: __add など)に突っ込みます。

しかしこれでは複雑な式は扱えません。。。 複数の演算子があるともはや検知不可能だからです。。。。

var f1 = fake_numpy([1,2,3,4]);
var f2 = fake_numpy([1,2,3,4]);
var res = A(f1 + f2)
res.array
=> [2, 4, 6, 8]
var res = A(f1 + f2 - f1) ← これだけで破綻する
var res = A(f1 + f2 + f1)  ← これならOK

ではどうするか・・・

構文解析器を使用する

こちらの方法はもはや純javascriptではありません。javascriptを抽象構文木に分解して、新たにjavascriptのコードを作ります。JSのコードを動的に変換するイメージ。
ちなみにPaper.jsではこの手法が取られています。
githubからソースを抽出します。

    var binaryOperators = {
        // The hidden math methods are to be injected specifically, see below.
        '+': '__add',
        '-': '__subtract',
        '*': '__multiply',
        '/': '__divide',
        '%': '__modulo',
        // Use the real equals.
        '==': 'equals',
        '!=': 'equals'
    };
    //省略
    function __$__(left, operator, right) {
        var handler = binaryOperators[operator];
        if (left && left[handler]) {
            var res = left[handler](right);
            return operator === '!=' ? !res : res;
        }
        switch (operator) {
        case '+': return left + right;
        case '-': return left - right;
        case '*': return left * right;
        case '/': return left / right;
        case '%': return left % right;
        case '==': return left == right;
        case '!=': return left != right;
        }
    }

上記の様な関数を用意して、全演算子を__$()の関数に置き換えています。出力されるJSは

 1 + 2  __$__(1, 2)

の様な形になります。
ここまでしてしまえばなんとか出来そうです。

まとめ

純粋なJavascriptでは演算子をオーバーロード出来ません。
素直にnew numpy([1,2,3,4]).add(new numpy([1,2,3,4]))と書くしかないです。

特殊なケースを除いてJavascriptでnumpyの様な演算をすることを諦めましょう!!

参考:http://tkengo.github.io/blog/2015/06/30/operator-overload-in-javascript/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした