[Laravel]Monologを使ってLogglyにログ流せたらええやん?したいやん?

More than 1 year has passed since last update.


Monologを使ってLogglyへログを流したい

例により、事の始まりはこのような思いから

Logglyはどんなサービスか、、、

ログ管理のクラウドサービスです。

Logglyでログ管理をしたいのです。


検証環境


  • Laravel 5.2.41

  • Monolog 1.20.0


まずはLogglyに登録しよう

Loggly

Try Loggly for FREE からアカウント登録

英語ばかりで挫折しそうになるが、

そこはエンジニア魂で踏ん張る


tokenをゲットだぜ!

Monologで使用するtokenをゲットするぜ!


  1. メニューの Source Setup をクリックして遷移

  2. さらにメニューの Customer Tokens をクリックして遷移

  3. Tokenがあるはず!

customer_token.png


Monologのドキュメントを眺める

ログを流すにはどうすればいいものか、、、

例のごとくドキュメントを眺める

これがLogglyHandlerか

LogglyHandler

φ(゚Д゚ )フムフム…

簡単そうやん!

やったるで!


LogglyHandler使ってみるで


まずはLogglyの設定を作るやで

Laravelのconfigに設定を作るやで

config/loggly.php みたいな感じ。

<?php

/**
* Loggly出力設定を行います。
*/

return [

'loggly' => [
'token' => 'xxxxxxxxxxxxxxxxxx',
// どのレベル以上でLogglyに流すか設定(今回は ERROR 以上)
'over_notification_log_level' => \Monolog\Logger::ERROR,
],

];


MonologにLogglyHandlerを追加するやで

// slackのconfigを取得

$logglyConfig = \Config::get('loggly.loggly');

\Log::getMonolog()->pushHandler(
new \Monolog\Handler\LogglyHandler(
$logglyConfig['token'],
$logglyConfig['over_notification_log_level']
)
);


あとはログするだけやで!

over_notification_log_level\Monolog\Logger::ERROR を設定した場合

// これはLogglyへ通知される

\Log::error('Logglyへ届けこのログ!!');

// これはLogglyへ通知されない
\Log::warning('Logglyへ届けこのログ!!');

こんな感じで届くやで

他にも色々出力されるけど、それは実際に登録してログ送信してからのお楽しみということで。

loggly_log.png


あとがき

とっても簡単にできました。

拙い文章失礼しましたー。