Edited at

人生捨てたもんじゃないなと思った話


はじめに

こんにちは。

たかぴーと申します。

これは、僕がフリープログラマーとして独立して、3年ちょっとで月収5千円から、高額オファーを貰えるようになるまでの話です。

コネなし技術無しの状態から良い出会いに恵まれ、ここまで来ることが出来ました。

人生に感謝です。

興味がある方は、ご一読ください。


基本スペック

性別:男

年齢:アラフォー

学歴:一応、旧帝

プログラミングを本格的に始めた時期:30代後半

生息地域:某福岡


最後に勤めていた会社

 最後に勤めていた会社は、東京の某環境コンサルでした。そこで、河川や湖の流動解析やデータ分析の補助的な仕事をしていました。

元々、大学では数値解析の勉強をしていたので、それを買われてこの会社で働くことになりました。

ですが、この会社で働く前はお総菜屋さんでバイトしていたので、人生、順風満帆という訳ではないです。。。

 一応、仕事は面白かったのですが、無理をしすぎて体調を崩し、辞めることになりました。会社には申し訳ないと思っています。

昔から、頑張りすぎるところがあり、体調を崩しては2歩下がるということを繰り返していたような気がします。

反省ですね。


会社を辞めてすぐ

 会社を辞めて再就職も考えましたが、また、無理をして辞めてしまうと思ったので、思い切ってフリーランスとして独立することにしました。

昔から、パソコンが好きだったので、フリープログラマーになることにしました。

ですが、独立と言っても自分で勝手に言っているだけで、何のスキルもないただの30代後半の男です。

ここから、苦難の道が始まりました。


取り合えず、面接してみる

 ちょこちょことプログラミングの勉強をしながら、面接を受けてみることにしました。

取り合えず、リクナビやcodeIQ(今はmoffers)に登録するとエージェントからメールが来ました。

そして、幾つかのエージェントと面談することになりました。

ですが、当然のことですが、何のスキルもないアラフォーの男に良い求人が来るはずもなく、殆どは派遣プログラマーの求人でした。

正社員の求人は全て落ちました。


クラウドワークスに登録する

 さて、どうしたものかと思いましたが、派遣プログラマーは良い噂を聞かなかったので、応募しないことにしました。

そして、クラウドワークスに登録して、小さな仕事をしながら地道にプログラミングの勉強をすることにしました。

ここから、借金生活が始まります。

最初は、画面デザインの仕事でしたが、5千円の仕事をするのに1か月かかりました。

月収5千円です。

その後も、数万円の仕事を1か月かけて行ったり、折角やった仕事が没になったり、色々ありました。

そして、いつの間にか2年近くの時が経っていました。


転機

 2年近く小さな仕事を繰り返す日々でしたが、ある時、良い出会いがありました。

データ分析関連のソフト開発の仕事です。

前職と重なる部分もあり、時給も当時にしては良かったので(最低限の文化的生活が送れるレベル)、応募することにしました。

そして、採用されることになり、この仕事を始めることになりました。


1年後

 頂いた仕事を始めて1年近くが経っていました。そして、ソフトも区切りの良いところまで出来ました。

その頃にこの依頼主から、また、次の依頼を受けることになりました。

今度は、データ分析支援ツールの開発の仕事です。

この仕事を行うことになりました。

この頃には何とか人並みの生活が出来るようになっていました。

月収5千円の頃と比べると夢のようです。

何とかフリープログラマーとして独立できたのかもしれません。


そして現在

 更に1年近くが経ちました。もう、アラフォーです。データ分析支援ツールの仕事は現在も続けています。

そして、嬉しいことにリクナビやビズリーチから高額オファーを頂くことが出来ました。

主にソフト開発やデータ分析の仕事です。

3年前は、派遣の仕事しか貰えなかったのに信じられません。

現在の仕事をくれた依頼主様に感謝です。

やっぱり出会いって大事だなと思いました。


振り返り

 一応、これが自分のここ数年の動きになります。求人は誰もが知っている大手からも頂きました。

そんな大手は、東大とか京大の成績優秀は人しか入れないと思っていたので、なぜ、自分なんかにオファーが来るのかカルチャーショックでした。

ですが、見方を変えてみれば、こんな人間にもオファーが来るということは、人生捨てたもんじゃないなと思った次第です。

それなりに勉強して、良い出会いがあれば、何とか這い上がれるのかなと思いました。

プログラミングを勉強中の方は、ぜひ、諦めないで良い出会いを掴んで頂ければと思います。

以上、失礼いたします。