OpenVNetのcookbook

  • 1
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Wakame-VDC/OpenVnet AdventCalender 2014の記事を書くにあたり、とりあえずOpenVNetをインストール。
その際、せっかくなのでchefで構築することにした。
OpenVNetは簡単にインストールできることもあってか、あるいは探し方が悪かったのか、cookbookが見当たらなかったので、作成してみた

概要

  • これは、Wakame-VDC / OpenVNet AdventCalendar 2014 12/12(金)の記事。
  • chefでCentOS6.5 minimalにOpenVNetをインストールしてみる。

そもそもOpenVNetとは

OpenVNetは、オープンソースのエッジオーバーレイネットワーク仮想化プロダクトで、githubで公開されている
同じような位置付けのプロダクトとしてはOpenDaylightのOpenDOVE、OpenContrail、MidoNetなどがある。

インストール

公式ではCentOS6.4とされているが、6.5、6.6でも動作する。
CentOS7で動作させた方もいる模様。

流れは以下のようになる。

  • CentOS6.5 minimalをインストール
  • chefdkをインストール
  • chefでcookbookを実行

今回はchef-client --local-mode(chef-solo相当)でインストールする。

CentOS6.5 minimalのインストール

メディアからインストールする。

git、chefdkのインストール

yumでインストールできる。

$ yum -y install git https://opscode-omnibus-packages.s3.amazonaws.com/el/6/x86_64/chefdk-0.3.5-1.x86_64.rpm

chefでcookbookを実行

Berksfile等が入ったプロジェクトをダウンロードし、chef-clientを実行する。
デフォルトでは1boxのall-in-one構成(vnmgr、vna、webapi)でインストールされる。

$ git clone https://github.com/qb0C80aE/openvnet-chef_repo.git
$ cd openvnet-chef_repo
$ berks vendor ./cookbooks
$ chef-client --local-mode -c ./config/config.rb -j ./nodes/localhost.json

インストールのパターン

roleにはall_in_one、manager、agent、webapiの4つが存在する。

role インストールされるもの
all_in_one vnmgr, vna, webapi
manager vnmgr
agent vna
webapi webapi

all_in_one以外でインストールしたい場合、roleを変更する。

vnaだけインストールしたい場合などは、run_listを修正する。

その他

  • OpenVNetのインストールは元々が親切かつ簡単であり、少数のサーバに試験的に入れるだけであれば、手動インストールしても掛かる時間に大して差がない。
  • しかしエッジオーバーレイという特性上、将来的には多くのノードに展開して運用するものであり、cookbookがあったほうが後々の為にはなる、かも、しれない。