Ubuntu
VirtualBox

Windows10にUbuntuをインストール

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この度、Linuxデビューをしました。
動作環境を作るために、WindowsマシンにVirtualBoxをインストールし、そこにUbuntuをインストールしました。インストール手順を覚え書きのために記録しておきます。因みに、この手順書は「Linux ステップアップラーニング」(技術評論社)を参考にしながら進めました。一応、本の通りにやれば問題なくできました。詳しく確実にやりたい方は、この本を購入してやって頂くことをお薦めします。

環境

  • Windows10 Pro 64ビット

大まかな流れ

1. VirtualBoxをダウンロード
2. VirtualBoxをWindowsにインストール
3. Ubuntuをダウンロード
4. UbuntuをVirtualBoxにインストール

VirtualBoxをインストール

  • VirtualBoxのサイトにアクセスする  VirtualBoxのサイト
  • サイトから「Windows hosts」を選択するとダウンロードが開始されます。
  • ダウンロードされたファイルをクリックして実行する。
  • ウィザードに沿って「Next」で進めていく。
  • ウィザードで「Install」をクリックするとインストールが開始。
  • 途中でこのような画面が出てくる。仮想ディバイスとは、仮想マシンで認識されるディバイスとホスト側のディバイスとでやり取りする橋渡し役のようなもの。「インストール」をクリックする。 Ubuntuインストール記事01.png
  • インストールが完了すれば「Finish」をクリックして終了。

VirtualBoxの設定

  • ディスクトップにある「Oracle VM VirtulaBox」のアイコンをクリックして起動。
  • メイン画面から「新規」をクリック。
  • 次の画面が出てきます。「名前」は仮想マシン名を任意で入力。「タイプ」は「Linux」、「バージョン」は「Ubuntu(64-bit)」を選択する。「メモリーサイズ」は「1024MB」とした。「1024MB」以上が推奨されている。 Ubuntuインストール記事02.png
  • 「作成」をクリックすると、次の画面が出てきます。ファイルサイズは「12GB」にした。Ubuntuをインストールすると、システムだけで5GBとるみたいなので、やや多めに取っておいた方が無難だろう。他の設定はデフォルトのまま。
    Ubuntuインストール記事03.png

  • 「作成」をクリックして完了。

Ubuntuのインストール

  • Ubuntuのサイトにアクセスする。  Ubuntuのサイト
  • 今回ダウンロードするバージョンは「Ubuntu 16.04 Desktop LTS」。因みに、LTSとは、Long Term Supportのことで、通常バージョンよりも長期間サポートが受けられるバージョンということ。このバージョンでは、2016年4月~2021年4月まで5年間サポートを受けることができる。
  • 「64-bit PC (AMD64) desktop image」をクリックしてダウンロードする。64ビット版なのでこっちになる。Intelの「x86-64」アーキテクチャのCPUであるが、Linux版では「AMD64」といういい方をする。
  • ダウンロードが終了したら、ディスクトップの「Oracle VM VirtulaBox」のアイコンをクリックして「VirtulaBox」を起動する。
  • メイン画面にある「起動」(緑色の右矢印)をクリックする。
  • 次の画面が表示されるので、ダウンロードしたUbuntuのイメージファイル(拡張子がiso)を選択して「起動」をクリック。

Ubuntuインストール記事04.png

  • 次の画面が表示されるので「Ubuntuをインストール」を選択する。デフォルトでは英語表示になっているので、右の一覧から日本語を選択する。因みにだが「Ubuntuを試す」を選択する場合は、UbuntuをCD-ROM等の媒体に焼いて、HDDにインストールすることなく、媒体から起動するような使い方をしたい場合に選択する。 
    Ubuntuインストール記事05.png

    • 「Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロード」にチェックを入れて「続ける」をクリック。
    • 「ディスクを削除してUbuntuをインストール」にチェックを入れて「インストール」をクリック。
    • タイムゾーンの画面で「Tokyo」を指定して「続ける」をクリック。
    • キーボードレイアウトは「日本語」を選択して「続ける」をクリック。
    • ユーザ情報を入力して「続ける」をクリック。パスワードは忘れないようにメモっておきましょう。
    • インストールが開始されます。終わったら「今すぐ再起動する」をクリック。この後が多少長いので辛抱。
    • ログイン画面が表示されるとめでたく完了です。お疲れさまでした。