Redis
More than 1 year has passed since last update.

Redis とは、key-value store。ある文字列に割り当てられたデータを検索する仕組み。データはメモリに保存される。永続化も出来る。

インストール

公式サイトのおすすめは自分で make する事らしい。

$ wget http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz
$ tar xvzf redis-stable.tar.gz
$ cd redis-stable
$ make
$ sudo make install

make test はしないほうが良い。パスワードを聞かれてうざい。

サーバーを起動。ポート 6379 で起動する。

redis-server

別のターミナルからクライアントを起動して試す

$ redis-cli
127.0.0.1:6379> set mykey somevalue
OK
127.0.0.1:6379> get mykey
"somevalue"

redis-server を終了してみる。カレントディレクトリの dump.rdb にデータが保存される。

 ^C26341:signal-handler (1512099345) Received SIGINT scheduling shutdown...
 26341:M 01 Dec 12:35:45.346 * Saving the final RDB snapshot before exiting.
 26341:M 01 Dec 12:35:45.347 * DB saved on disk
 26341:M 01 Dec 12:35:45.347 # Redis is now ready to exit, bye bye...
 $ ls
 dump.rdb

面白い事に、redis-server を終了しても redis-cli はすぐにはエラーにならない。なので redis-server を一旦停止して別の redis-sever を立ち上げても redis-cli は何食わぬ顔して処理を続ける。

続きは interactive tutorial で勉強出来る。これも面白い。

色々な技

データべースのすべてのキーを表示

redis-cli --scan --pattern '*'

参考