Linux
vmware
bluetooth

Linux ゲストから見た VMWare の Bluetooth

More than 1 year has passed since last update.

VMware の BT が Linux からどのように見えるか整理します。VMware fusion 8.5.8 で動作確認。

VMware の設定画面 Virtual Machine > Settings > USB & Bluetooth には Share Bluetooth devices with Linux という項目があります。ここをチェックすると BT の振る舞いが変わります。

Share Bluetooth devices with Linux が有効の時

# lsusb
...
Bus 002 Device 008: ID 0e0f:0008 VMware, Inc. 
Bus 002 Device 003: ID 0e0f:0002 VMware, Inc. Virtual USB Hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 002: ID 0e0f:0003 VMware, Inc. Virtual Mouse
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub

# lsusb -s 2:8 -v | grep iProduct
...
  iProduct                2 Virtual Bluetooth Adapter

ID 0e0f:0008 の Virtual Bluetooth Adapter というデバイスが有効になります。BT のペアリングはホスト側で行い、ゲストからはペアリングが不要なデバイスが接続されているように見えるそうです。

Share Bluetooth devices with Linux が無効の時

設定画面にホストの BT アダプタが現れるのでチェックをするとゲストから見えるようになります。

# lsusb
...
Bus 002 Device 009: ID 05ac:8289 Apple, Inc. 
Bus 002 Device 003: ID 0e0f:0002 VMware, Inc. Virtual USB Hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 002: ID 0e0f:0003 VMware, Inc. Virtual Mouse
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub

# lsusb -s 2:9 -v | grep iProduct
...
  iProduct                2 Bluetooth USB Host Controller

ID 05ac:8289 の Bluetooth USB Host Controller というデバイスが有効になります。これはホストに接続された BT アダプタがそのまま現れた物です。ゲストからは BT の機能を全部使うことが出来ます。

バグ

このように、Share Bluetooth devices with Linux が無効の時だけホストの BT アダプタが見えるというのが正常な動きだと思うのですが、リブート後チェックが無いのに VMware のアダプタが見えてしまう事がります。あれ? なんだこの USB デバイスは??? とびっくりしますが、気にしない事にします。