Node.js
TypeScript
tsd
gulp

gulpfileをTypeScriptで書いて安心を得よう

More than 3 years have passed since last update.

Gruntと比較するとgulpのgulpfile(設定ファイル)はコードの記述が多くを占めるので、TypeScriptで記述したくなります。幸い、gulpinterpretというモジュールでgulpfileを読み込むので、altJSで記述するのは比較的簡単にできます。

gulpfileをTypeScriptで記述するためには、typescript-requireというモジュールをinstallしておく必要があります。


typescript-requireのインストール

$ npm install --save-dev typescript-require


後はgulpfile.jsgulpfile.tsにリネームして、それ以降TypeScriptとしてコーディングするだけです。

ちなみに、gulpの定義ファイルも提供されているので取得しておくと便利です。


定義ファイルのインストール(必要ならtsdも)

$ npm install -g tsd

$ tsd query gulp -rosa install


gulpfile.ts

/// <reference path="./typings/tsd.d.ts"/>

import gulp = require('gulp');

gulp.task('default', () => {
// 色々
// ゴリゴリコード書いてもコンパイラさんが手伝ってくれるよ!安心だね!
});


そのままgulpコマンドを実行すればgulpfile.tsが読み込まれます。


defaultビルド

$ gulp