Java
processing
class

初心者による初心者に向けたクラス講座

More than 1 year has passed since last update.

初投稿です。
今回は初心者に向けたクラスの説明を、初心者の僕から教えたいと思います。
至らぬ点があると思いますが、コメント等でご指摘いただけると嬉しいです。

クラス

クラスってなんだ

クラスは設計図みたいなものです
車がよく例にあげられますが、車にはパーツがたくさんありますよね。そして車は走ることが出来ます。
それらが変数と関数みたいな認識で大丈夫です!

車で例えると...

クラス -> 設計図
変数  -> エンジン、ハンドルなどのパーツ
関数  -> 走る、止まるなどの機能

インスタンスってなんだ

クラスは設計図ならインスタンスは設計図から作った実体、つまり車そのものって事ですね!

インスタンス -> 車そのもの

コンストラクタってなんだ

車には色々な車種がありますね!ノートとかヴェルファイアとか。
その車はそれぞれ規格が違うから同じように作ってはいけませんね。
ということで、それぞれの車を作るときに情報を入力してあげなくちゃいけません!
車だったら大きさとか何人乗りだとか、そんな感じです。
そしてそれらの情報を元に車を作るときに必要なのがコンストラクタって訳です!
初期条件っていうか設定っていうかそんな感じです。

コンストラクタ -> 情報を元に要望の車を作ってくれる

書き方がわからない

言葉の意味はわかったけど書き方がわからない人へ、テキトーに書くから理解してください笑。
(ここからはprocessingで書きます。別言語を勉強している方は雰囲気でも感じていだだければ、と思います。)

まずはクラスの書き方!

// 車の設計図(クラス)
class Car{
    // 高さと横幅と長さ、何人乗りかを変数にする
    float hight, width, length;
    int   seat_num;

    // 車をデータを元に作ってくれるやつ(コンストラクタ)
    Car(float _h, float _w, float _l, int _s){    // 引数にデータを入力しよう
        hight    = _h;
        width    = _w;
        length   = _l;
        seat_num = _s;
    }

    void run(){
        // 車が走る処理
    }
    void stop(){
        // 車が止まる処理
    }
}

クラスの書き方はこんな感じです!

次はインスタンスの作り方だ!

// ノート(高さ100, 横幅100, 長さ200, 8人乗り)を作る
Car note = new Car(100, 100, 200, 8);

クラスの名前 インスタンスの名前 = new クラスの名前(コンストラクタに入れたい引数);

もっと簡単に言うと、

設計図の名前 車の名前 = new 設計図の名前(高さとか横幅とかの情報);

みたいな感じです!

最後にインスタンスの使い方だ!

// ノートを作る
Car note = new Car(100, 100, 200, 8);

// 高さが知りたい!
println(note.hight);
// 結果:100

// 車を走らせたい!
note.run();

クラスの中の変数はインスタンス名.変数名 で、

クラスの中の関数はインスタンス名.関数名(引数) のように書きます。

わかってもらえたでしょうか?

まとめ

以上、クラスの大まかな説明でした。具体例を多めにして、初心者にもわかりやすいように説明したつもりでしたが、どうでしたか?皆さんの勉強への手助けとなれていれば嬉しいです。