Kindle
ubuntu18.04

Ubuntu 18.04 で Kindle Fire HD をサブディスプレイとして使う方法


概要

ホストに仮想スクリーンを作成します。

ホストの仮想スクリーンをKindle Fire HD に合わせて設定します。

KindleからホストへVNCをつかって接続します。

次の環境で動作確認しました。


  • Ubuntu 18.04 LST (ThinkPad E580)

  • Kindle Fire HD 8 inch (2018)


仮想スクリーンを追加する

参考文献に従って次の通り作成しました。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/ に設定を追加します。

sudo vi /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf

このファイルに次の内容を記述します。

VirtualHeads に指定する数は任意です。

ここでは2つの仮想スクリーンを作成します。

Section "Device"

Identifier "intelgpu0"
Driver "intel"
Option "VirtualHeads" "2"
EndSection

ログインし直すと、VIRTUAL1およびVIRTUAL2スクリーンが追加されています。

$ xrandr -q

... (ディスプレイの設定一覧が表示されます)
VIRTUAL1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VIRTUAL2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

もし、設定がうまくいかずログインできなくなってしまった場合は、ログイン画面からWaylandでログインし、修正作業をしてください。


gtf で設定値を計算する

Kindle Fire HD 8inchの解像度は 1280*800です。

ただし、このままの解像度を使ってしまうと、スクリーン下部のナビゲーションバーと干渉してしまうので、本稿では1280 * 700ピクセルの解像度を使用します。

はじめに gtf コマンドで今後使用する設定値を算出します。

# gtf x軸の解像度 y軸の解像度 リフレッシュレート

$ gtf 1280 700 60

次のような値が得られるので、 Modeline より右をクリップボードにコピーします。

# 1280x700 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 43.50 kHz; pclk: 72.38 MHz

Modeline "1280x700_60.00" 72.38 1280 1336 1472 1664 700 701 704 725 -HSync +Vsync


Xrandrで仮想スクリーンを設定する

次のコマンドを入力してください。

xrandr --newmodeのオプションは、先の工程でクリップボードにコピーした値です。

$ xrandr --newmode "1280x700_60.00"  72.38  1280 1336 1472 1664  700 701 704 725  -HSync +Vsync

$ xrandr --addmode VIRTUAL1 1280x700_60.00
$ xrandr --output VIRTUAL1 --mode 1280x700_60.00 --left-of eDP1

VIRTUAL1 は追加された仮想スクリーン名です。

eDP1はホストの内蔵ディスプレイです。環境に応じて修正してください。


ホストにVCNサーバをインストールする

$ sudo apt install tightvncserver


x11vncをインストールし起動する

$ sudo apt install x11vnc

$ x11vnc


Kindle Fire HDからVCNで接続する

Kindle Fire HDにVNCクライアントをインストールし、ホストへ接続します。


参考文献