Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu 18.04 で Kindle Fire HD をサブディスプレイとして使う方法

概要

ホストに仮想スクリーンを作成します。
ホストの仮想スクリーンをKindle Fire HD に合わせて設定します。
KindleからホストへVNCをつかって接続します。

次の環境で動作確認しました。

  • Ubuntu 18.04 LST (ThinkPad E580)
  • Kindle Fire HD 8 inch (2018)

仮想スクリーンを追加する

参考文献に従って次の通り作成しました。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/ に設定を追加します。

sudo vi /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf

このファイルに次の内容を記述します。
VirtualHeads に指定する数は任意です。
ここでは2つの仮想スクリーンを作成します。

Section "Device"
    Identifier "intelgpu0"
    Driver "intel"
    Option "VirtualHeads" "2"
EndSection

ログインし直すと、VIRTUAL1およびVIRTUAL2スクリーンが追加されています。

$ xrandr -q

... (ディスプレイの設定一覧が表示されます)
VIRTUAL1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VIRTUAL2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

もし、設定がうまくいかずログインできなくなってしまった場合は、ログイン画面からWaylandでログインし、修正作業をしてください。

gtf で設定値を計算する

Kindle Fire HD 8inchの解像度は 1280*800です。
ただし、このままの解像度を使ってしまうと、スクリーン下部のナビゲーションバーと干渉してしまうので、本稿では1280 * 700ピクセルの解像度を使用します。

はじめに gtf コマンドで今後使用する設定値を算出します。

# gtf x軸の解像度 y軸の解像度 リフレッシュレート
$ gtf 1280 700 60

次のような値が得られるので、 Modeline より右をクリップボードにコピーします。

# 1280x700 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 43.50 kHz; pclk: 72.38 MHz
Modeline "1280x700_60.00"  72.38  1280 1336 1472 1664  700 701 704 725  -HSync +Vsync

Xrandrで仮想スクリーンを設定する

次のコマンドを入力してください。
xrandr --newmodeのオプションは、先の工程でクリップボードにコピーした値です。

$ xrandr --newmode "1280x700_60.00"  72.38  1280 1336 1472 1664  700 701 704 725  -HSync +Vsync
$ xrandr --addmode VIRTUAL1 1280x700_60.00
$ xrandr --output VIRTUAL1 --mode 1280x700_60.00 --left-of eDP1

VIRTUAL1 は追加された仮想スクリーン名です。
eDP1はホストの内蔵ディスプレイです。環境に応じて修正してください。

ホストにVNCサーバをインストールする

$ sudo apt install tightvncserver

x11vncをインストールし起動する

$ sudo apt install x11vnc
$ x11vnc

Kindle Fire HDからVNCで接続する

Kindle Fire HDにVNCクライアントをインストールし、ホストへ接続します。

参考文献

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした