search
LoginSignup
6

More than 1 year has passed since last update.

posted at

UnityでWebXR(WebVR)対応したWebページをつくる

概要

Unityで、アプリをVRに対応させるなら、
PackageManagerから、VR関連のパッケージをいれたりすれば、対応自体はかんたんにできる(調整難しい)
しかし、
UnityでWebGL履くときにVR対応させるのはちょっと面倒なのである。
環境整備がめっちゃ面倒なのである。
なので、今現在、VR対応WebGL出力する方法を共有します。

環境

ビルド環境
・Windows10Pro
・Unity2019.3.9

ターゲットVR
・OCulust Quest2(1201840.9760.0)
・OculusBrowser

環境の整え方

1: WebXR Exporterをダウンロード
https://github.com/MozillaReality/unity-webxr-export
のマスターブランチをダウンロード

※配布されているパッケージだと、Questでうごかず、真っ黒になる

2: 1でダウンロードしたものをUnityで開き、UnityPackageを吐く
WebGLTemplates
WebXR
をエクスポート

3: こりんさんのスライドの方法でプロジェクト準備
https://speakerdeck.com/korinvr/challenge-to-use-unity-webxr-exporter-for-vr-sashimi-tanpopo?slide=9
ただし、インポートするWebXRExporterのパッケージは、2でつくったもの。

4:通常のブラウザで、マウス、キーボードで操作できるようにする
WebXRシーンのWebXRCameraSetを参考にして、スクリプトをはめる

image.png

image.png

動いているサイト

Oculus Developer Hub — Device Casting 2020-12-10 02-28-07_1.gif

5:以上

参考文献

こりんさんのスーパーいいスライド
https://speakerdeck.com/korinvr/challenge-to-use-unity-webxr-exporter-for-vr-sashimi-tanpopo

トマシープさんのスーパーいい記事
https://bibinbaleo.hatenablog.com/entry/2020/12/08/223954

@PolymerSoftさんのスーパーいいツイート
https://twitter.com/PolymerSoft/status/1316022330401845255?s=20

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6