Help us understand the problem. What is going on with this article?

便利ページ:Javascriptでカラーピッカー

便利ページ:Javascriptでちょっとした便利な機能を作ってみた のシリーズものです。

今回は、色の選択とRGB値の表示です。
HTMLにカラーピッカーがあるので、それを使います。また、プリセットカラーで選択できるようにします。

こんな感じのページです。

image.png

毎度の通り、デモページとGitHubです。

GitHub
 https://github.com/poruruba/utilities

デモページ
 https://poruruba.github.io/utilities/

(2019/9/15 追記)
一番近い色の名前を検索できるようにしました。色差を計算するのに以下を使わせていただきました。
 https://gka.github.io/chroma.js/
一口に色と言っても奥が深いですね。

カラーピッカーを表示する

HTMLは以下の通りです。

index.html
<div class="form-inline">
    <input type="color" v-on:change="color_change" v-model="color_value">&nbsp;&nbsp;
    <label>RGB:</label> <input type="text" size="7" class="form-control" v-model="color_value">
</div>
<br>
<table class="table table-borderless">
    <td v-bind:bgcolor="color_value">&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;</td>
    <td><label>R:</label><input type="range" min="0" max="255" v-model.number="color_r" v-on:input="color_range"><input type="number" class="form-control" v-model.number="color_r" v-on:change="color_range"></td>
    <td><label>G:</label><input type="range" min="0" max="255" v-model.number="color_g" v-on:input="color_range"><input type="number" class="form-control" v-model.number="color_g" v-on:change="color_range"></td>
    <td><label>B:</label><input type="range" min="0" max="255" v-model.number="color_b" v-on:input="color_range"><input type="number" class="form-control" v-model.number="color_b" v-on:change="color_range"></td>
</table>

カラーピッカーは、type="color"のinputです。
あとは、color_valueに格納されたRGB値をテーブルのセルの背景色として表示しています。
type="range"のinputのゲージでもRGBの各値を変更できるようにしました。
ここらへんは、Vueのデータバインディング機能が大活躍です。

基本16色などのテーブルがありますが、プリセットとしてcolor.jsに配列として格納しておいたものを、テーブル表示しているだけです。

単純ですね。。。

以上

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away