Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

ERROR 2003 (HY000): Can't connect to MySQL server on

事象 : RDSのMySQLに接続しようとしたらできなかった

  • 環境
    • Windows10 Pro バージョン1909
    • GitBash ※. GitBashを使用しているのでmysqlコマンドの前にwinptyをつけている
$ winpty mysql -h db-shikibetushi.abcdefg.region.rds.amazonaws.com -P 3306 -u username -p
Enter password: ************
ERROR 2003 (HY000): Can't connect to MySQL server on 'db-shikibetushi.abcdefg.region.rds.amazonaws.com' (10060)

原因 : セキュリティグループのインバウンドルールにIPアドレスがないから

うまく接続できない場合は、RDSの[パブリックアクセシビリティ]またはセキュリティグループの設定が誤っています。
RDSでMySQLを作ってみる - ponsuke_tarou’s blog

同じことに何度も引っかかる自分が憎い・・・

  1. AWSコンソール > [RDS] > [データベース] > 対象のDB識別子リンクで詳細画面表示
  2. [接続とセキュリティ]タブ > [VPC セキュリティグループ]のリンクで[セキュリティグループ]画面表示 image.png
  3. 対象のセキュリティグループリンクで詳細画面表示 [インバウンドルール]タブimage.png
  4. ここに自分が使っているパブリックIPアドレスがないと接続できない

対応 : インバウンドルールにIPアドレスを設定する

  1. [インバウンドルール編集]ボタンでダイアログを表示
  2. [ルールの追加]ボタンで行を追加して以下を設定
    • タイプ : MySQL/Aurora
    • プロトコル : TCP
    • ポート範囲 : 3306(MySQLのポート)
    • ソース : カスタム / 「{自分のパブリックIPアドレス}/32」
    • 説明 : 後でなんのIPアドレスかわかるような説明
  3. [ルールを保存]ボタンで保存する image.png
再び接続してみるとつながった
$ winpty mysql -h db-shikibetushi.abcdefg.region.rds.amazonaws.com -P 3306 -u username -p
Enter password: ************
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 458689
Server version: 5.6.40-log Source distribution

Copyright (c) 2000, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>
ponsuke0531
びっくりするほど物覚えが悪いが、エンジニアを目指しています。
http://ponsuke-tarou.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away