Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

resize2fs: Bad magic number in super-blockとなった時の対応方法

  • 環境
    • CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)

事象 : AWSのEBSサイズを変更したからファイルシステムを拡張しようとしてresize2fsコマンドを使ったら怒られた

$ sudo resize2fs /dev/xvda1
resize2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
resize2fs: Bad magic number in super-block while trying to open /dev/xvda1
Couldn't find valid filesystem superblock.
$

原因 : CentOS7からのファイルシステムではresize2fsが使えないから

ファイルシステム?

ファイルシステムとは、記憶装置に保存されたデータを管理し、操作するために必要な機能です。OSが提供する機能の一つで、ほとんどのOSはファイルシステムでファイルを管理しています。
ファイルシステムとは?今さら聞けない基礎知識とOSごとの種類|発注成功のための知識が身に付く【発注ラウンジ】

そのファイルシステムが、CentOS7からXFSになったそうな。

RHEL 7では、標準のファイルシステムとしてXFSが採用されました。RHEL 6以前の標準ファイルシステムには長い間ext系ファイルシステムが使われてきましたが、XFSに切り替わったことでファイルシステムの設定、運用の方法などが従来とは異なってきます。
今から始めるRHEL 7 第2回 標準ファイルシステムとなったXFS | NTTデータ先端技術株式会社

そして、XFSではresize2fsではなくxfs_growfsで拡張を行うそうな。

CentOS 7 からデフォルトになっているXFSではresize2fsは利用できないということ。
CentOS 7(XFS)でLVMディスク拡張でハマったこと - Qiita

対応 : xfs_growfsコマンドを使う

3.4. XFS ファイルシステムのサイズの拡大 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal

$ sudo xfs_growfs /dev/xvda1
meta-data=/dev/xvda1             isize=512    agcount=4, agsize=524224 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=0 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=2096896, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal               bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 2096896 to 4194043
ponsuke0531
びっくりするほど物覚えが悪いが、エンジニアを目指しています。
http://ponsuke-tarou.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away