Edited at

yum install一発でよしなに入れておきたいコマンドリスト

More than 3 years have passed since last update.

以下Linuxで私が最初に入れておくべきコマンドたち。

新しい情報ではないですが、真っさらなLinuxOSにとにかく一発で入れようと思ったので、まとめました。

標準ライブラリなどを一気に入れます。これらはGitHubにでもそろそろまとめようかと思いますが、まずはここにメモします。

更新日
内容

2014/08/28
yum -y installを修正


0. 私の開発環境


  • ruby on rails 4.2.*

  • Python 2.7.*

  • CentOS 6.5(vm環境)➡︎作業時はrootにしてます。


1. yumでいれるもの一覧


yum.csh

# 最初にupdateします。古いと動かなかったり互換性の問題がでたりするかもしれない。その可能性を先に潰すため。(時間かかるので注意)

$ yum -y update

# 必要な物を全部インストールします。半角スペースで区切れば、連続インストール可能です。
$ yum -y install

# おそらく誰もが必要なものでしょう
wget
man
git
# (*2)
tig
jwhois
gcc
make
autoconf
patch

# (*1)
ntp

# 適宜必要なものを取捨選択します
curl-devel
openssl-devel
sqlite-devel
mod_ssl

# (*1)
mysql-devel
httpd-devel

# (*1)(*2)
nginx

# nokogiriのライブラリあたりでこけないようにここらへんは入れたい(*3)
libyaml-devel
libxml2-devel
libxslt-devel



2. wgetで入れるもの一覧

追加で、入れるものがあれば、wgetの方


wget.csh

# ruby, Pythonは安定バージョンを入れる(2014/08/25時点)→makeとかもすること, bundlerもinstall

$ wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-2.1.2.tar.gz
$ wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.8/Python-2.7.8.tar.xz

# ポート周り → 22, 80, 443開放します
$ wget https://launchpad.net/ufw/0.33/0.33/+download/ufw-0.33.tar.gz



3. 備考欄


(*1)

* 要start & chkconfig on

* start, restart, reload

(*2)

~~~ここの環境は自分に合わせてください。

◯nginx → http://nginx.org/packages/centos

* rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm

するか、/etc/yum.repos.d/nginx.repoを作成して、その情報を追記するかしてください

* unicornと使う場合は、gem install unicorn-railsなどを利用します

◯tig → http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release

* rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.i686.rpm

とするか情報を記述するか



4. git configチートシート


git.csh

$ git config --global user.name "test"

$ git config --global user.email test@example.com
$ git config --global core.editor vim
$ git config --global color.ui true
$ git config --global core.autocrlf input


5. 危険コマンド集


bad_command.csh

# フォルダであってもall yesをして全消去。全削除したいときには便利ですが、あまり使わない方がよさげ

$ yes | rm -R

TODO

Dockerでコード書いておくこと