Edited at

test-kitchenで複数のドライバを利用する場合の設定

More than 3 years have passed since last update.

test-kitchenを使ってごにょごにょ開発環境を作っている時に複数のドライバを使いたい場合ってありますよね。

たとえば、kitchen-ec2使ってubuntu動かしてテストしているときとかかな?


でも、ec2だとお金かかるし、そもそもkitchen-vagrantだったり、kitchen-docker使って最終的な確認だけをkitchen-ec2使いたい場合とかですかね。

まあそんな感じで僕は両方のドライバを使いたくなったのでこんな感じにkitchen.yml書いてみました。


kitchen.yml

---

provisioner:
name: chef_solo

platforms:
- name: ubuntu-ec2
driver:
name: ec2
aws_access_key_id: <%= ENV["AWS_ACCESS_KEY"] %>
aws_seret_access_key: <%= ENV["AWS_SECRET_KEY"] %>
aws_ssh_key_id: <%= ENV["AWS_KEY_PAIR"] %>
ssh_key: <%= File.expand_path("#{ENV['AWS_KEY_PATH']}") %>
security_group_ids: ["グループID"]
region: ap-northeast-1
availability_zone: ap-northeast-1a
require_chef_omnibus: true
ebs_volume_size: 4
ebs_device_name: 'true'
ebs_device_name: '/dev/sda'
flavor_id: 't2.micro'
tags:
Name: test-kitchen
image_id: ami-e74b60e6
username: ubuntu
- name: ubuntu-vagrant
driver:
name: vagrant
box: ubuntu/trusty64

suites:


platformsでそれぞのドライバ設定できたんですね。


driver_configとdriverの違いとかいまいちよくわかってないんですが、とりあえずこれで行けるぽいです。

ただ、chef社のkitchen.ymlを見ている感じだと、やっぱdriver_plugindriver_configを指定したほうがいいのかなぁーと思います。

おしまい。