tunデバイス有効化手順

1. 事前準備

1.2. 資源のダウンロード

$ wget https://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/armadillo-iot-g3l/source/linux-3.14-x1-at20.tar.gz
$ wget https://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/armadillo-iot-g3l/source/initramfs_x1-v1.1.0.cpio.gz
$ wget https://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/armadillo-iot-g3l/image/u-boot-x1-sd-at13.bin
 
$ wget https://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/armadillo-iot-g3l/debian/debian-jessie-armhf_aiotg3l_20180131.tar.gz






2. カーネルコンフィギュレーション





# カーネルの展開
$ tar xf linuxtar.gz
$ cd linux-
 
# initramfsアーカイブへのシンボリックリンク作成
$ ln -s ../initramfs_x1-*.cpio.gz initramfs_x1.cpio.gz
 
# コンフィグレーション
$ make ARCH=arm x1_defconfig
$ make ARCH=arm menuconfig





kernel config.png




# コンフィギュレーションの反映を確認
※ =yになっていることを確認
grep CONFIG_TUN .config






3. ビルド





$ make CROSS_COMPILE=arm-linux-gnueabihf- ARCH=arm
※ 20分ぐらい待機
$ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-linux-gnueabihf- LOADADDR=0x80008000 uImage
 
$ ls -l arch/arm/boot/uImage
$ ls -l arch/arm/boot/dts/armadillo_iotg_g3l.dtb
 
※ ファイルの作成を確認したら、上記2ファイルをATDEからArmadilloに移動させる






4. カーネルとデバイスツリーの差し替え





# カーネルとデバイスツリーの差し替え
$ mount -t vfat /dev/mmcblk2p1 /mnt
$ cp uImage /mnt/uImage
$ cp armadillo_iotg_g3l.dtb /mnt/armadillo_iotg_g3l.dtb
$ umount /mnt
$ reboot
 
# 結果確認
※ =yになっていることを確認
$ zcat /proc/config.gz | grep "CONFIG_TUN="
 
$ ls -l /dev/net/tun





kernel_config.png
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.