Node.js
raspbian
Raspberrypi3

Raspberry Pi 3B(Raspbian)に最新Node.jsをインストールする

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Raspberry Pi 3B(Raspbian)において、apt-get install nodejsでインストールされるNode.jsのバージョンはv0.10.29でとても古く、最新のパッケージが使えない。

そこで最新のNode.jsをインストールしようと思う。

なお、以降ではpiユーザーでログインしていることが前提となっている。


パッケージの入手

https://nodejs.org/ja/download/ からダウンロードすればパッケージは入手できる。

パッケージはLTS(安定版)と最新版があるが、安全路線で安定版を選択すると良い。

Raspberry Pi 3BのCPUをcat /proc/cpuinfoで調べると、ARMv7と表示されるので、このCPUに合ったものを以下のコマンドでダウンロードする。

(今回はnode-v6.10.0-linux-armv7l.tar.xzをダウンロードした。)

$ cd ~/Downloads

$ wget https://nodejs.org/dist/v6.10.0/node-v6.10.0-linux-armv7l.tar.xz


インストール

ダウンロードしたパッケージを以下のコマンドで展開する。

$ cd /usr/local

$ sudo xzcat ~/Downloads/node-v6.10.0-linux-armv7l.tar.xz | sudo tar xvf -
$ sudo mv node-v6.10.0-linux-armv7l nodejs


PATH設定

$HOME/.profileに以下を追記してnode、npmなどのコマンドにパスを通す。

if [ -d "/usr/local/nodejs/bin" ] ; then

PATH="/usr/local/nodejs/bin:$PATH"
fi

ログインし直すと、nodeコマンドがどこからでも使えるようになる。

$ node -v

v6.10.0


Express追加

試しに、以下のコマンドを実行して、正常にパッケージがインストールされるかを確認する。

$ sudo npm install express-generator -g

$ express --version
4.14.1