Edited at

Oracle Database 18cとOracle Database 19cの初期化パラメーターを比較する

Oracle Database 19cのオンプレミス版がダウンロードできるようになったため、Oracle Database 18c (18.3)と初期化パラメーターを比較してみました。基本的にデフォルト状態でデータベースを作成し、インスタンス名やファイルのパス等環境によって変化するパラメーターは比較対象から除いています。SQL*PlusからSYSDBA接続を行い、SHOW PARAMETERコマンドの結果を比較しています。


削除されたパラメーター

削除されたパラメーターは2つだけです。O7_DICTIONARY_ACCESSIBILITYはOracle 7との互換性維持のため残っていたパラメーターです。よく今まで残っていたと感心します。

パラメーター名
説明

O7_DICTIONARY_ACCESSIBILITY
SYSスキーマ内のオブジェクトへのアクセス許可設定を行います

exafusion_enabled
Exafusion高速化キャッシュ・フュージョン・プロトコル機能を有効または無効にします


追加されたパラメーター

14個の初期化パラメーターが追加されています。Data Guard関連や、管理系の初期化パラメーターが多い印象です。ただし、マニュアルの追加が間に合わないらしく、いくつかの初期化パラメーターが記載されていません。allow_rowid_column_typeはマニュアルに記載が無いようです。名前からROWID型の利用許可を制限する機能のようです。client_statistics_levelもマニュアルに記載がありません。統計情報の取得に関するパラメーターだと思われます。cpu_min_countもマニュアルに記載がありません。動的にCPU数を変化させる機能でしょうか?data_guard_max_longio_timeもマニュアルに記載がありません。

パラメーター名
説明
デフォルト値
備考

adg_redirect_dml
Active Data Guard環境で DML Redirect機能を有効にする
FALSE

allow_rowid_column_type
不明
FALSE

client_statistics_level
不明
TYPICAL

cpu_min_count
不明
1

data_guard_max_io_time
Data Guard環境で通常のI/Oがハングしたとみなされる秒数
240

data_guard_max_longio_time
Data Guard環境で長いI/Oがハングしたとみなされる秒数
240

enable_imc_with_mira
Active Data Guard スタンバイで院メモリー列ストアの有効化
FALSE

http_proxy
不明
''

lob_signature_enable
LOB locatorの署名機能を有効化
FALSE

max_datapump_parallel_per_job
PDB単位のData Pumpジョブの最大数
50
マニュアル上のデフォルトは100

max_idle_blocker_time
不明
0

scheduler_follow_pdbtz
不明
FALSE

ssl_wallet
不明
''

unified_audit_common_systemlog
不明
''


デフォルト値が変更されたパラメーター

デフォルト値が変更された初期化パラメーターは基本的にバージョン関連のものを除くと2つのみです。job_queue_processesとmax_pdbsは、マニュアル上のデフォルト値は変化がありませんが、DBCAで作成して確認したところ変わっていました。

パラメーター名
Oracle Database 18c
Oracle Database 19c

compatible
18.0.0
19.0.0

job_queue_processes
4000
20

max_pdbs
4096
254

optimizer_features_enable
18.1.0
19.1.0

今後マニュアルの記載は拡充されるでしょう。

DATA_GUARD_MAX_LONGIO_TIMEの説明を追記しました(2019/5/9)。