Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@pipiox

Centos7にmysql5.7とLaravelを入れる

More than 1 year has passed since last update.

本編の内容

以前の記事でVagrantを使ってCentOS7にPHP7.1とnginxを入れることに成功しました。
今回はそれにmysqlとlaravelを入れて、画面表示するところまでをやりたいと思います。

mysqlをyumでインストールする

まずは、既にmariaDBがデフォルトで存在している可能性があるので、事前に消しておきましょう。

vagant
# rpm -qa | grep maria まずはこれで確認。あったら以下を実行。

# yum remove mariadb-libs
# rm -rf /var/lib/mysql/

次に、mysql5.7のリポジトリを追加します。
こちらのサイトからyumリポジトリの最新版のURLを確認してインストールします。
https://dev.mysql.com/downloads/repo/yum/
今回はCentOS7なので対応する最新URLをコピーして'http://dev.mysql.com/get/' のあとに貼り付けしてコマンド実行します。

# yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm

ただ、これだとmysql8.0が入ってしまっているように見えます。
欲しいのは5.7なのですが、実際どうなのかgrepして確認してみましょう。

# yum repolist all | grep mysql
mysql-cluster-7.5-community/x86_64 MySQL Cluster 7.5 Community      無効
mysql-cluster-7.5-community-source MySQL Cluster 7.5 Community - So 無効
mysql-cluster-7.6-community/x86_64 MySQL Cluster 7.6 Community      無効
mysql-cluster-7.6-community-source MySQL Cluster 7.6 Community - So 無効
mysql-connectors-community/x86_64  MySQL Connectors Community       有効:     51
mysql-connectors-community-source  MySQL Connectors Community - Sou 無効
mysql-tools-community/x86_64       MySQL Tools Community            有効:     63
mysql-tools-community-source       MySQL Tools Community - Source   無効
mysql-tools-preview/x86_64         MySQL Tools Preview              無効
mysql-tools-preview-source         MySQL Tools Preview - Source     無効
mysql55-community/x86_64           MySQL 5.5 Community Server       無効
mysql55-community-source           MySQL 5.5 Community Server - Sou 無効
mysql56-community/x86_64           MySQL 5.6 Community Server       無効
mysql56-community-source           MySQL 5.6 Community Server - Sou 無効
mysql57-community/x86_64           MySQL 5.7 Community Server       無効
mysql57-community-source           MySQL 5.7 Community Server - Sou 無効
mysql80-community/x86_64           MySQL 8.0 Community Server       有効:     17
mysql80-community-source           MySQL 8.0 Community Server - Sou 無効

ちゃんとmysql57も入ってますね。ただ、mysql80が有効になってしまってます。
これを変えたいのですが、yum の設定を変更するために yum-utils パッケージが必要なのでインストールします。
そのあと、mysql80を無効にして、mysql57を有効にします。
(/x86_64という部分の指定は不要なことに注意)

# yum -y install yum-utils
# yum-config-manager --disable mysql80-community
# yum-config-manager --enable mysql57-community

では、本当に変わったかもう一度みてみます。

# yum repolist all | grep mysql
mysql-cluster-7.5-community/x86_64 MySQL Cluster 7.5 Community      無効
mysql-cluster-7.5-community-source MySQL Cluster 7.5 Community - So 無効
mysql-cluster-7.6-community/x86_64 MySQL Cluster 7.6 Community      無効
mysql-cluster-7.6-community-source MySQL Cluster 7.6 Community - So 無効
mysql-connectors-community/x86_64  MySQL Connectors Community       有効:     51
mysql-connectors-community-source  MySQL Connectors Community - Sou 無効
mysql-tools-community/x86_64       MySQL Tools Community            有効:     63
mysql-tools-community-source       MySQL Tools Community - Source   無効
mysql-tools-preview/x86_64         MySQL Tools Preview              無効
mysql-tools-preview-source         MySQL Tools Preview - Source     無効
mysql55-community/x86_64           MySQL 5.5 Community Server       無効
mysql55-community-source           MySQL 5.5 Community Server - Sou 無効
mysql56-community/x86_64           MySQL 5.6 Community Server       無効
mysql56-community-source           MySQL 5.6 Community Server - Sou 無効
mysql57-community/x86_64           MySQL 5.7 Community Server       有効:    267
mysql57-community-source           MySQL 5.7 Community Server - Sou 無効
mysql80-community/x86_64           MySQL 8.0 Community Server       無効
mysql80-community-source           MySQL 8.0 Community Server - Sou 無効

OKですね!!
yum infoで二重チェックしてみましょう。

# yum info mysql-community-server
利用可能なパッケージ
名前                : mysql-community-server
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 5.7.22
リリース            : 1.el7
容量                : 165 M
リポジトリー        : mysql57-community/x86_64
要約                : A very fast and reliable SQL database server

このようにちゃんとmysql5.7になっているようなので、インストールをします。

# yum -y install mysql-community-server

うまく行きました。バージョンを調べておきましょう。

# mysqld --version
mysqld  Ver 5.7.22 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server (GPL))

オッケーオッケー順調ですね!
あとはマシン起動時にmysqlも起動されるように設定だけしておきましょう。

# systemctl enable mysqld
==== AUTHENTICATING FOR org.freedesktop.systemd1.manage-unit-files ===
Authentication is required to manage system service or unit files.
Multiple identities can be used for authentication:
 1.  veewee
 2.  vagrant
Choose identity to authenticate as (1-2): 2
Password: 
==== AUTHENTICATION COMPLETE ===

なにやら尋ねられましたが、vagrantを選んでパスワードもvagrantと打ち込めばOKでした。

mysql5.7では初期パスワードが自動で生成されてログに吐かれているので確認しておきます。

mysqld.log
# cat /var/log/mysqld.log 
2018-05-31T07:43:32.301323Z 1 [Note] A temporary password is generated for root@localhost: xxxxxxxxxxxx←ここにパスワードが書いてあった

初期設定をする

mysql_secure_installationを実行して初期設定を進めます。

# mysql_secure_installation

Securing the MySQL server deployment.

Enter password for user root: 先ほど確認した初期パスワードを打ち込みます。 

The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.

New password: 新しいパスワードを入れてください
(パスワードが最低 1 つの数値文字を含み、1 つの小文字および大文字を含み、1 つの特殊文字 (英数字以外) を含む必要がある)

Re-enter new password: 再入力します
The 'validate_password' plugin is installed on the server.
The subsequent steps will run with the existing configuration
of the plugin.
Using existing password for root.

Estimated strength of the password: 100 
Change the password for root ? ((Press y|Y for Yes, any other key for No) : No 
パスワード強度が表示されやっぱりパスワードを変えますか?と聞かれたのでNoです

By default, a MySQL installation has an anonymous user,
allowing anyone to log into MySQL without having to have
a user account created for them. This is intended only for
testing, and to make the installation go a bit smoother.
You should remove them before moving into a production
environment.

匿名ユーザーを消しますか?
Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.


Normally, root should only be allowed to connect from
'localhost'. This ensures that someone cannot guess at
the root password from the network.

ルートへのリモートログインを拒否しますか?
Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

By default, MySQL comes with a database named 'test' that
anyone can access. This is also intended only for testing,
and should be removed before moving into a production
environment.

テストデータベースを消しますか?
Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
 - Dropping test database...
Success.

 - Removing privileges on test database...
Success.

Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.

権限テーブルを再読み込みしますか?
Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

All done! 

まあとりあえずほとんどYesと答えておけばOKでしたね。
あとは設定ファイルの文末に以下の記述を入れて文字コードあたりをやっておきましょう。

etc/my.cnf
文末に下記を追加

default-storage-engine=InnoDB
innodb_file_per_table

character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci

[mysql]
default-character-set = utf8 

[client]
default-character-set = utf8

再起動します。
一応その後 mysql -u root -p で入れることも確認しておくといいでしょう。

# systemctl restart mysqld

Laravel5.5を入れる

まずはnginxのドキュメントルートにlaravel_testというディレクトリを作りましょう。
その中でcomposerダウンロードしましょう。
その後、どこでもコマンドが使えるようにcomposerの場所を移動しておきましょう。

# cd /usr/share/nginx/html
# mkdir laravel_test
# cd laravel_test
# curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
# mv ./composer.phar /usr/local/bin/composer
# composer

最後にcomposerと打って、例のcomposer画面が表示されればOKです。
どうでもいいけどこの画面好き。笑

   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.6.5 2018-05-04 11:44:59

そしたらlaravelをインストールするのにgit等が必要ですが、まだインストールしていなかったので先にしておきます。
以前これでエラーが出たことあったので・・・

# yum -y install git zip unzip

composerを使ってsampleという名前のプロジェクトを作ってあげましょう。
今回は5.5がいいのでそれを使います。

# composer create-project --prefer-dist laravel/laravel sample "5.5.*"

なんかエラー出た

エラー画面
Failed to decode response: zlib_decode(): data error
Retrying with degraded mode, check https://getcomposer.org/doc/articles/troubleshooting.md#degraded-mode for more info

でもよく見てみるとプロジェクトはちゃんとできている。
こちらのサイトによるとcomposerがネットワーク速度に警鐘を鳴らしているだけで、コマンド自体はちゃんとできているとのこと。
・・・ならまあいいか。笑

めげずにプロジェクトフォルダに入り、一度composer updateをかけます。
これはlaravelで必要なパッケージがプロジェクト内のcomposer.jsonに書いてあるので、
一回updateしないと色々とエラーが起きるからです。

# cd sample
# composer update
# php artisan --version
Laravel Framework 5.5.40

ついでにバージョンも確認できましたね!

後は、以下のURLでアクセスできるように諸々の設定をします。
http://192.168.33.10/laravel_test/sample/public/

まずはnginx権限を設定(これは他の記事を参考に実行しました)

# chown nginx:nginx -R /usr/share/nginx/html/laravel_test/sample/storage
# chown nginx:nginx -R /usr/share/nginx/html/laravel_test/sample/bootstrap/cache

万を時してURLにアクセス!!
・・・No application encryption key has been specified.というエラーが発生

どうやらkeyを作っておいてあげないとダメらしい。

php artisan key:generate
Application key [base64:KU09OmnjlMaq1kvUP3ehGpK2V67aNgfcRgA4ExkM8i0=] set successfully.

これを実行して再度アクセス!!

スクリーンショット 2018-05-31 18.32.38.png

長い戦いだった・・・。

2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
pipiox
大手化粧品メーカー営業 -> 商社営業 -> ITベンチャー -> ITフリーランスという異色の経歴。 突然嫁から「ぴぴお」と呼ばれだして気に入ったのでもうこれでいきます。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?