Help us understand the problem. What is going on with this article?

VMwareでの接続方式(NAT/ブリッジ/ホストオンリー)の違い

More than 5 years have passed since last update.

VMware Player等の仮想化サーバを利用する際、ゲストマシンのネットワーク接続方式の設定で違いの分からない選択肢(NAT、ブリッジ、ホストオンリー)がありました。これらの違いについて調べてみました。

ネットワーク接続設定の種類と特徴

NAT接続
  • ゲストOSが、ホストOSをNATとしてネットワークにつなぐ接続方式
  • ゲストOSとホストOS間は繋がらない。
  • ゲストのIPアドレスは、DHCPによって付与されるためリブートの度に変更される。
  • そもそもNATとは…Network Address Translation(ネットワークアドレス変換)。例えば、ローカルネットワーク/インターネット間でプライベートIPとグローバルIPを入れ替える働きをするもの。
ブリッジネットワーク
  • ゲストOSがホストOSと同じネットワーク上に並列のように繋がる(親となるブリッジが一緒というイメージ?)
  • ゲストOSとホストOSの間は繋がる。同じネットワーク上の他のPCからも見える。
ホストオンリーネットワーク
  • ホスト OS と ゲスト OS 間のネットワーク。

参考

pink
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away