Help us understand the problem. What is going on with this article?

FeSS概論

FeSSとは

私達のチームで検証改善を繰り返しながら取り組んでいる、オリジナルのスクラムフレームワークです。
Flexibl e Scale Scrum の略称で、LeSSをモジッた名称を掲げています。

FeSS導入により目指したい姿

より状況にFitするように
よりDoneを意識するように
より変化に柔軟であるように

FeSSの前提条件

  • バックログアイテムやIceboxは常にリファインメントされている
  • 新たに発生したストーリー(≒チケット)は、早いうちにポイント見積もりが済まされている

ストーリーとDoneの定義

  • ストーリーのディスクリプションは、いつ見ても内容が理解できる粒度で定義されている。
  • ストーリーは、1スプリント以内でDone出来るレベルで細分化されている。
  • ストーリーは、PO目線で理解・判断出来る単位で分割され、Doneの定義が言語化されている。
  • ストーリーには、エンジニア目線で理解・判断出来る単位でタスクが分解され、進捗が可視化されている。

チーム編成

  • チームはスプリント毎に1つ以上のストーリーを担当し、スプリント内でDoneさせる。
  • スプリント毎に、そのスプリントでパフォーマンス最大化出来るチーム編成を行う。
  • 先行着手などで、次スプリントにWIPが引き継がれる際、そのチーム編成はスプリントプランニングの場で改めて検証を行う。
  • チーム全体で最善の選択と判断する場合、全員で1チーム1人チームという編成も許容する。

スクラムイベント

イベント名 内容 参加者
スプリントプランニング1 次スプリントで対応すべきストーリーを決定し、最適なチーム編成を行う。 全員
スプリントプランニング2 チームごとに分かれ、ストーリーをエンジニア目線でタスク分割を行う。
その際、スプリント内で消化ができるか、余白が生まれるかの議論も行ない、担当ストーリーの削減、追加の検討を行う。
各チーム
スプリントプランニング3 プランニング2で出た結論を各チームの代表者が持ち寄り、POと共にスプリント内で取り組むストーリーの調整を行ない、最終確定する。 PO・SM・チーム代表者
デイリースクラム1 各チームの日々の進捗と課題についてチーム内で共有する。 各チーム
デイリースクラム2 各チーム代表者とPOで、状況の共有を行う。 PO・SM・チーム代表者
スプリントレビュー スプリントでの成果物をPOに向けてデモを実施し、Doneの定義に沿っているか、価値提供が出来るかの判断を仰ぐ。
デモの実施は、各タスクの担当者ではなく、ストーリー単位で代表者が行う。
全員
ただし、発表者はチームの代表
スプリントレトロスペクティブ 前スプリントを振り返り、ファクトの洗い出しと考察、ネクストアクションの決定を行い、改善活動を行う。 全員
uluru
クラウドワーカーを活用した事業を行う会社(クラウドソーシング、入札情報速報サービスなどを運営)
https://www.uluru.biz/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away