Help us understand the problem. What is going on with this article?

CData コンポーネントの入手方法

More than 1 year has passed since last update.

Enterprise Connectors

今回の第34回デベロッパーキャンプCData との提携の話題で持ちきりでした。

ただ、入手方法について言及が余り無かったように思えました。
これはベータ版だからかもしれません。

そうなんです。
いまインストールできるのはベータ版です!
正式リリース時には年間サブスクリプションでお金かかります

入手方法

GetIt で CData と打ち込むだけです!
かんたん!!
cdata.png

とはいえ、途中で CData のインストーラーが出てきて、名前やメールアドレスを入れないといけません。

cdatainst.png

インストールが終わると RAD Studio を再起動するか聞かれるので再起動しましょう。

再起動すると、こんな感じで FireDAC のデータソースとしてインストールした CData のコンポーネントが現れます(今回は CData の Twitter 用データソースをインストールしました)。

de.png

あとは、他のデータソース同様に右クリック「新規接続の追加」で各種パラメータを設定できるようになります。

tw.png

そんな感じでベータ版の入手方法の紹介でした!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away