LoginSignup
10

Ruby/Rails初中級者おすすめ本とサイト

Last updated at Posted at 2019-10-15

Railsチュートリアル (Rails tutorial)

ministest と fixtures が使われているが、実プロジェクトでは rspec と factory_bot を使うことが多い。
ministest and fixtures are used in RailsTutorial, but rspec and factory_bot are more widely used in the real world. So you don't need to study minitest and fixtures. But please learn the concept for testing.

学び方の一例としては、↑の「Railsチュートリアル」をやってみてから、実務でRailsの開発を行いつつ、以下の本やサイトに目を通す。

本・サイト (Books / Web Sites)

Ruby

Rails

一般

スタイルガイド(Style Guide)

実務に携わったタイミングで、早めに目を通しておくこと。覚える必要はなく、開発時にはrubocopを使う。

オブジェクト指向設計(Object Oriented Programming)

テスト(Test)

メタプログラミング(Meta Programming)

リファクタリング(Refactoring)

※ fat controllerを避けることは大前提。

デザインパターン(Design Patterns)

リファレンス (References)

Gems

よく使われているか?メンテナンスされているか?というのを比較する用。
You can see which gem is popular, well maintained, etc.

Gemを使おうと思ったときには、以下のことを気にかけること

  • Gemを使おうと思ったときには、一度考え直してみる。Gemを使えば簡単だが、しかし、、、
    • メモリフットプリントが増える。
    • アップグレード時にハマるかも。
      • Railsのアップグレード時
      • Gem自体のアップグレード時
    • Gemの動作をきちんと理解していないと、ブラックボックスになりうる。
    • 動作はGem任せなので、ちょっとした変更が難しくなることも (Gemにモンキーパッチを当てることは止めたほうがいい。Gemのアップグレード時に苦労する)。
  • 機能はニーズを満たしているか?逆に、Gemの機能がニーズに対して過大な場合は、自分で実装することも考える。
  • ドキュメントはよく書かれているか?
  • Githubの Used byStarの数と、Latest commit(メンテナンスされているか)。

サイト (Web Sites)

  • http://railscasts.com
    長年アップデートされていない点は注意が必要だが、まだ有益な情報はある。
    You can know more in details by referring this site. It has not been updated for a while and some content is out of date. But some contents are still worth to take a look.

  • https://techracho.bpsinc.jp/
    定期情報収集用。

References For SaaS

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
10