Help us understand the problem. What is going on with this article?

NimがついにVersion 1.0.0 正式リリースに!

ついに!
Backerとしても支援し始めていたNim
v0.20.2を経てv1.0正式リリースとなりました!嬉しい!
以下に公式チームからのお知らせが掲載されています。

公式ブログhttps://nim-lang.org/blog/2019/09/23/version-100-released.html

1.0になったことで長期の互換性を保証するみたいですね。
バグ修正と新機能追加を、互換性を損なわない形で行っていくようです。

コミュニティとしてのサポート体制も整ってきていて、
少し前まではかなり動作が遅かったフォーラムも爆速になっています。
Nimフォーラムhttps://forum.nim-lang.org/

あとはIRCのノードとチャンネルまできっちり載ってますね!(IRC好きなので)
IRCノード:irc.freenode.net
チャンネル:#nim

もう環境は整った!ということで皆さんガシガシ
Nimを使って日本語ドキュメントも増やしていきましょう!

Nimは組み込みやkernel開発も可能で、
機械学習のライブラリ(arraymancer等)なんかもどんどんと揃ってきています。
他の言語とのベンチマークを見たい方は
h-miyakoさんの素晴らしいブログがあるのでこちら↓
http://h-miyako.hatenablog.com/entry/2015/01/23/060000

ちなみにMacOSへのインストールの場合は、
今のところはHomebrewを使わず(インストールした場合はアンインストールして)
choosenimでバージョン管理をするようにすると良いと思います。

# choosenimのインストール
$ curl https://nim-lang.org/choosenim/init.sh -sSf | sh

# 以下で環境パスに設定
$ export PATH=$HOME/.nimble/bin:$PATH

# Nimの安定バージョン最新をインストール
$ choosenim update stable

現在、技術書典8で「実践Nim入門」とした技術書を販売するべく
鋭意執筆中なので、期待せずにお待ち下さい笑
現在暫定の目次は以下(GUI周りは別の内容に変わりそうです。)
ブログ:https://blog.pianopia.net/2019/08/29/nim01/

弊社ではNim推しでいきたいなあ。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away