Julia v1.0.1のインストールとJupyter Notebookで使うまで


更新しました

今更ながら1.0がリリースされているので内容を更新しました。


Juliaのv1.0.1をインストール

私の場合macとUbuntuそれぞれ使っているのでそれぞれの環境に

Juliaを入れたいと思います。


mac編(macOS Sierra)

mac osの場合brew caskを使えばかんたんにインストールできます。

https://github.com/Homebrew/homebrew-cask/blob/master/Casks/julia.rb

$ brew cask install julia

一応ここではソースからビルドを。

https://github.com/JuliaLang/julia

$ git clone https://github.com/JuliaLang/julia.git

$ cd julia
$ git tag

タグを見るとv1.0.1があります

$ git checkout v1.0.1

ビルドに非常に時間がかかるため、並列でやっていただきます。

ジョブ数今回は2にしてありますが、マシンの $コア数$ が良いようです。

(参考: linux - How to determine the maximum number to pass to make -j option? - Unix & Linux Stack Exchange)

$ system_profiler SPHardwareDataType | grep Cores

Total Number of Cores: 2
$ make -j2

$ ./julia

_
_ _ _(_)_ | Documentation: https://docs.julialang.org
(_) | (_) (_) |
_ _ _| |_ __ _ | Type "?" for help, "]?" for Pkg help.
| | | | | | |/ _` | |
| | |_| | | | (_| | | Version 1.0.1 (2018-09-29)
_/ |\__'_|_|_|\__'_| |
|__/ |

julia>

おしゃれなAAが表示されればOK

(エラーで詰まったらメッセージをみて適宜必要なものをbrewでinstall...)


Ubuntu編(16.04)

同じくソースからビルドします。

$ git clone https://github.com/JuliaLang/julia.git

$ cd julia
$ git checkout v1.0.1

必要なものを入れてビルド

$ sudo apt-get install m4 m4-doc gfortran cmake3

$ cat /proc/cpuinfo | grep cpu.cores
cpu cores :2
$ make -j2


Jupyter Notebookで使えるようにする

とりあえずパスを通しておきましょう

$ echo "alias julia='/path/to/install/folder/bin/julia'" >> ~/.zshrc

$ exec $SHELL

*Jupyter Notebookがすでにインストールされているのが前提です。

IJuliaのパッケージをインストールするためにJuliaの

インタプリタを起動します。

$ julia

_
_ _ _(_)_ | Documentation: https://docs.julialang.org
(_) | (_) (_) |
_ _ _| |_ __ _ | Type "?" for help, "]?" for Pkg help.
| | | | | | |/ _` | |
| | |_| | | | (_| | | Version 1.0.1 (2018-09-29)
_/ |\__'_|_|_|\__'_| |
|__/ |

julia>

起動したら、]をタイプします。

するとプロンプトが下記のように切り替わります。

(v1.0) pkg>

IJuliaパッケージをインストール。

(v1.0) pkg> add IJulia

これでもうJupyterのカーネルに追加されています。

$ jupyter kernelspec list

Available kernels:
julia-1.0 /Users/h-1456/Library/Jupyter/kernels/julia-1.0
$ jupyter notebook

正しくカーネル追加できていれば右上のNew(新規ファイル作成)のところに

Julia 1.0.1がいるはずです.

f23baf9d-945e-48d0-848f-ecbbdd871d2f.png

せっかくなのでちょこっとコードで動作確認してみましょう.

4c85359a-12fc-4bdd-9a84-78e359ef5dc4.png

いい感じです.