Help us understand the problem. What is going on with this article?

Python2.7学習メモ

More than 1 year has passed since last update.

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習で機械学習の勉強を始めました。普段はC#を使っているので、pythonはさっぱりわかりません。ということで、学習したことを整理する意味も込めて記事を書いていきます。

タイトルにも書いてあるように、python3ではなくpython2を使っていきます。
2020年でサポートが終わるかも?大丈夫だ問題ない(`・ω・´)

コードは以下のフォーマットで書きます。

ここにコードを書く
(空行)
=====出力結果=====
ここに出力結果を書く

標準出力

  • 毎度恒例のハローワールドさんを表示したい!
print "Hello World"

=====出力結果=====
Hello World

シンプルでいいですね。セミコロンは要らない(*'▽')

  • 日本語を表示したい場合は...
# coding: utf-8
print "こんにちは"

=====出力結果=====
こんにちは

# coding: utf-8を書かないといけません。これを書かないと、コメント文(後述)で日本語を使った場合でもエラーになります。書いておくと安心なので、毎回書いておきます。

変数(数値)の宣言と代入

  • 変数を宣言して、数値を代入しよう
# coding: utf-8
a = 2
print a

=====出力結果=====
2

a = 2だけで、変数の宣言も、値の代入も済んでしまいます。

  • 変数に数値を足そう
# coding: utf-8
a = 2
b = a + 3
print b

=====出力結果=====
5

変数bに、変数aの値と数値3を足したものを代入して、出力しています。

  • 二項演算子も使えるよ
# coding: utf-8
a = 2
a += 3
print a

=====出力結果=====
5

a = a + 3と書かなくても、a += 3というお馴染みの表記が使えます。

  • 変数(数値)どうしを足そう
# coding: utf-8
a = 2
b = 5
c = a + b
print c

=====出力結果=====
7

変数cに、変数aの値と変数bの値を足したものを代入して、出力しています。

変数(文字列)の宣言と代入

  • 変数を宣言して、文字列を代入しよう
# coding: utf-8
s = "abc"
print s

=====出力結果=====
abc

数値のときと同じですね。文字列は" "で囲みましょう。

  • 変数に文字列を連結しよう
# coding: utf-8
s = "abc"
t = s + "de"
print t

=====出力結果=====
abcde

連結は+を使います。

  • 文字列でも二項演算子が使えるよ(+=だけ)
# coding: utf-8
s = "abc"
s += "de"
print s

=====出力結果=====
abcde
  • 変数(文字列)どうしを連結しよう
# coding: utf-8
s = "abc"
t = "de"
u = s + t
print u

=====出力結果=====
abcde

続きはまた今度

次は、四則演算、乱数、文字列操作あたりを書きたいです(願望)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away