Help us understand the problem. What is going on with this article?

GalaxyのHistory機能とは

More than 1 year has passed since last update.

Historyについて

Galaxyを利用する上でHistoryはとても重要
Screen Shot 2018-12-03 at 16.29.07.png

Historyの役割

Historyは次のような役割を担っている

入力データの置き場所

解析を行うデータをGalaxyサーバーにアップロードすると、そのファイルはHistory上に配置される
Screen Shot 2018-12-08 at 14.12.40.png

出力データの置き場所

解析結果の出力データもHistory上に配置される
Screen Shot 2018-12-08 at 14.13.42.png

解析ツール(Tool)による処理の履歴

どの入力ファイルにどの解析ツールを利用し、どのようなパラメータを与えてどの順番で解析を実行したかがHistory上に残る
Historyを利用する事で後から手順を全て確認することができる
Historyペインの履歴情報では見通しが悪い場合に、Historyペインの処理について詳細を一覧する事もできる
ペインの右上の⚙のマーク(History options)をクリック
Screen Shot 2018-12-08 at 14.19.24.png
ドロップダウンリストから"Show Structure"をクリックすると中央のペインに処理の詳細が表示される
(ヒストリーの項目数が大いと表示されるまでに時間がかかる)
Screen Shot 2018-12-08 at 14.18.14.png

解析処理の状態表示

データのアップロードや解析処理の現在の状況を確認できる
処理待ち(灰色)、処理中(黄色)、処理終了(緑色)、処理時のエラー(赤色)等をHistory上の各パネルの色で確認する事ができる
Screen Shot 2018-12-08 at 14.27.17.png

解析処理のグループ分け

Historyを複数作成して切り替えることができるので、解析処理のグループ分けが行える
Historyペインの"View all histories"をクリックする
Screen Shot 2018-12-08 at 14.13.42.png

現在存在するHistoryが表示される
Screen Shot 2018-12-08 at 14.37.57.png
多数存在する際は横方向にスクロールして表示可能

  • 新たにHistoryを作成する場合には右上の"Create New"をクリック
  • 既存の別のHistoryを選択する場合には、各Historyタブの"Switch to"をクリック

解析画面に戻るには上部メニューの"Analyze Data"をクリックする

解析処理等の共有

Historyを他のユーザに公開したり、他のユーザーのHistoryをコピーする事ができる

解析手順を元にしたWorkflowの作成

実行した解析処理を元にWorkflowを自動的に生成できる
一つのサンプルを元に処理を実行してWorkflowを作成し、他のサンプルで同じワークフローを利用する事が可能

というようにGalaxyを利用する上でHistoryの機能を理解しておく事がとても重要

History機能の詳細はGalaxy TutorialsのHistories(英語)を参照して欲しい

今回はここまで:smile:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away