Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kernel Connection Mulitplexor (KCM)

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Linux 4.6でマージされたKernel Connection Mulitplexor (KCM)についてまとめます。

目的

  • TCP上にメッセージベースのプロトコルを実装する手助けをする
    • アプリケーションはデータグラム(SOCK_DGRAM)ソケットで通信できる
    • アプリケーションは独自に定義したプロトコルをカーネルに教えて、カーネルはそれを元に効率のよくメッセージを処理する
      • 例えば、ヘッダ解析やメッセージ単位でアプリケーションにデータを渡す等
  • メッセージの多重化機能を提供する
    • アプリケーションのソケット(KCMソケット)とTCPソケット間で多対多のメッセージ多重化(multiplexing)する機能を提供する
      • N対1構成も可能
    • カーネル内でうまく負荷分散してくれる
  • バッチ処理のメカニズムを提供する
    • sendmsgにMSG_BATCHフラグを渡すと、次のメッセージを待ってから送信してくれる
    • 受信はメッセージが完成してからアプリケーションに通知してくれる
      • N個溜まったら通知、が可能かは不明

なんでカーネルに実装するの?とか、なんでTCP上に実装するの?等のFAQが このマージコミット に書かれているので、気になる人は読んでみると良いかもです。

概念図

Documentation/networking/kcm.txtより抜粋。

+------------+   +------------+   +------------+   +------------+
| KCM socket |   | KCM socket |   | KCM socket |   | KCM socket |
+------------+   +------------+   +------------+   +------------+
      |                 |               |                |
      +-----------+     |               |     +----------+
                  |     |               |     |
               +----------------------------------+
               |           Multiplexor            |
               +----------------------------------+
                 |   |           |           |  |
       +---------+   |           |           |  ------------+
       |             |           |           |              |
+----------+  +----------+  +----------+  +----------+ +----------+
|  Psock   |  |  Psock   |  |  Psock   |  |  Psock   | |  Psock   |
+----------+  +----------+  +----------+  +----------+ +----------+
      |              |           |            |             |
+----------+  +----------+  +----------+  +----------+ +----------+
| TCP sock |  | TCP sock |  | TCP sock |  | TCP sock | | TCP sock |
+----------+  +----------+  +----------+  +----------+ +----------+

メッセージ解析

Berkeley Packet Filter (BPF)を使っているらしい。どのように使われるか、どうやってBPFを書くのかは別の機会に調べたいです。おそらく bpf(2)Documentation/networking/filter.txt を読むことになると思います。

使い方

  1. KCM(+KCMソケット)を作る
    • socket(AF_KCM, SOCK_DGRAM or SOCK_SEQPACKET, KCMPROTO_CONNECTED)
  2. KCMソケットを増やす
    • ioctl(kcmfd, SIOCKCMCLONE, &info)
  3. KCMにトランスポート(TCP)ソケットを繋ぐ(BPFを指定する)
    • info.fd = tcpfd
    • info.bpf_fd = bpf_prog_fd
    • ioctl(kcmfd, SIOCKCMATTACH, &info)

おわりに

あまりアプリケーションプログラムを書かないので、この機能がどの程度嬉しいのかはわからないですが、BPFで通信最適化ができて楽しそうではあります。

参考文献

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした