Edited at

Awesome Hugo - 有用なリンクまとめ


Awesome Hugo

Go 言語製の静的サイトジェネレーター Hugo も Awesome リポジトリがあります。

この記事では上記リポジトリからいくつかをピックアップして紹介します。


Hugo 公式サイトへのリンク

Hugo Discussion Forum は 日本語トピック - Hugo Discussion もあり、日本語で Hugo について質問ができます。

Twitter では Hugo のリリースや新しい Hugo theme などの紹介がツイートされます。


Hugo 関連ツール


Node wrapper

Hugo の Node ラッパーです。Node 系のツールと一緒に Hugo を管理できます。hugo-bin の方をオススメします。


Visual Studio Code 拡張機能

Hugo の VS Code 拡張機能です。VS Code のコマンドパレットから Hugo のコマンドを実行できるようになります。

Hugo の VS Code 拡張機能です。range, if, with など Hugo テンプレートの補完とシンタックスハイライトをサポートしています。


スターターキット


Docker

CircleCI や GitLab CI/CD で Hugo を実行したい時に使えます。


npm

Webpack や Gulp で管理する Hugo プロジェクトのボイラープレートです。Hugo が SASS/SCSS のトランスコンパイルや HTML, CSS, JavaScript の圧縮(Minify)・バンドルができなかった頃は有用でしたが、これらは最新版 Hugo の標準機能で可能なことばかりなので、これから Hugo theme を作る場合は参考にする必要はありません。


Hugo boilerplate for Netlify

Netlify でサイトをホスティングする時に必要な設定が施されているボイラープレートです。設定方法の参考になるでしょう。


GitHub Actions for Hugo

peaceiris/actions-hugo でビルドをして peaceiris/actions-gh-pages で GitHub Pages へのデプロイをする CI/CD を GitHub Actions で実現できます。


Hugo 採用事例


Let's Encrypt

Let's Encrypt 公式サイトは Hugo で管理されています。


Netlify

Netlify 公式サイトも Hugo で管理されています。Netlify と Hugo はお互いを公式サポートしており、Hugo ドキュメントは Netlify でホスティングされています。


Forestry

Forestry 公式サイトも Hugo で管理されています。


1Password

1Password 公式サイトも Hugo で管理されています。


日本の組織

Hugo を使ってサイトを構築している日本の組織の例です。


Kubernetes

Kubernetes 公式サイトも Hugo で管理されています。Hugo による多言語対応の良い参考例になるでしょう。


Bootstrap

最近では Bootstrap の公式サイトが Jekyll から Hugo に乗り換えています。


Hugo 日本語ドキュメント

最後にお知らせです。

Hugo ドキュメントの和訳・日本語訳プロジェクト では翻訳に協力してくださる方を募集中です。

ご興味あれば、下記リンク先の詳細をご覧ください。