Help us understand the problem. What is going on with this article?

ブラウザー拡張機能 Stylus で GitHub Markdown を見やすくする

More than 1 year has passed since last update.

Stylus を使ってサイトデザインを自分好みに変えよう、って話です。今回は GitHub README のスタイルをいじります。

Stylus

Stylus は閲覧するサイトの CSS を変更できるブラウザ拡張機能です。

CSS

ブラウザの開発者ツールを使って変更したい CSS クラスを探し、Stylus に以下を登録します。

.markdown-body h2 {
    margin-top: 2rem;
    border-bottom: solid 1px #FF7F50 !important;
}

.markdown-body h3 {
    margin-top: 2rem;
    margin-bottom: 1rem;
    padding-left: 0.5em;
    border-left: solid 4px #FF7F50 !important;
}

.markdown-body em {
    text-decoration: underline;
}

.markdown-body strong {
    text-decoration: underline;
}

.Label--outline {
    background-color: #FFA500;
}

こんな感じになります

Before After
before.jpg after.jpg

個人的に <h2><h3> が判別しにくかったので、色をつけてマージンを追加しています。

あと Private repository のバッジが見にくいので色を付けました。

リポジトリ一覧ページ 個別リポジトリページ
repo-list.jpg repo.jpg

オススメの公開テーマ

Qiita Dark

post.jpg

GitHub Dark

github-dark.jpg

サイトデザインに不満があるからといって、サービス運営側に要望を出しても解決されることはまずないでしょうから、オリジナルのスタイルを適用しちゃいましょう。

peaceiris
Hugo ʕ◔ϖ◔ʔ や GitHub Actions について書いています。こっち https://peaceiris.com/ に引っ越しましたので、今後 Qiita への新規投稿はしませんが記事のメンテはします。
https://peaceiris.com/
admin-guild
「Webサービスの運営に必要なあらゆる知見」を共有できる場として作られた、運営者のためのコミュニティです。
https://admin-guild.slack.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした