paco
porg

pacoからporgへ

More than 5 years have passed since last update.

新しい環境にpacoを入れようと思ってpacoのサイトへいったら、こんなことが書かれていました。

Dear users of paco:

This project is no longer active. Development of paco continues under a new project called porg. Please visit its web site for more information. Any feedback would be appreciated.

なんと、porgという後継プロジェクトに移ってしまったようです。

porg

http://porg.sourceforge.net/

ちなみにpacoやporgというのはソースコードから自分でビルドしてインストールするソフトウェアをパッケージ管理するためのツールです。

参考:pacoでソースビルドをパッケージっぽく管理する - Qiita


porgのインストール

というわけで、porgを入れてみましょう。

この記事を書いている時点ではv0.2が最新でしたが、新しいバージョンが出ている場合はバージョン番号の部分を読み替えてください。

# ダウンロードと展開

wget http://downloads.sourceforge.net/project/porg/porg-0.2.tar.gz
tar xf porg-0.2.tar.gz
cd porg-0.2.tar.gz

# GUI版のgrop(gtkmmが必要)を必要としない場合は--disable-gropをつける
./configure --disable-grop

# ビルドしてインストール
make
sudo make install

# 自分自身を管理対象に加える
sudo make logme

pacoとほとんど同じですね。

で、pacoの管理データをpaco2porgで移行することができます。

今までpacoを使っていた人は移行しておきましょう。

sudo paco2porg

manを見た感じ使い方はpacoとほぼ同じようでしたが、若干機能(オプション)が減っている気が……。

わりと最近(porg-0.0が2014年3月11日、porg-0.2が2014年4月23日)始まったプロジェクトのようなので、まだ機能が追いついてないのかもしれません。