Help us understand the problem. What is going on with this article?

仮想環境 Vagrant + VirtualBox ~ Centos6.5 (OS X Mavericks)

More than 5 years have passed since last update.

1. Vagrantのインストール

公式サイトから最新版をダウンロードしてインストール
http://www.vagrantup.com/

今回は、Vagrant-1.6.5.dmgをダウンロードし インストールしました。

  • インストール確認
$ vagrant --version
Vagrant 1.6.5

2. VirtualBoxのインストール

公式サイト最新版をダウンロードしてインストール
https://www.virtualbox.org/

今回は、VirtualBox-4.3.16-95972-OSX.dmgをダウンロードし インストールしました。

3. 仮想マシンの作成

Vagrantでは[box]という仮想マシンのイメージを作成する事で簡単に複数の仮想マシンを作成できます。

  • vagrantにcentosのboxを追加

  • 追加したboxから仮想マシンを作成して起動

boxの追加

  • 追加

今回は、以下からダウンロードして追加しました。

$ vagrant box add centos6.5 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box
  • 確認
$ vagrant box list
centos6.5 (virtualbox,0)

VMの作成

  • 作成 VMを作成する場所へ移動し、以下のコマンドを実行。
$ vagrant init centos6.5

準備が完了!

VMの起動

$ vagrant up

接続

ターミナルで接続してみる。

$ vagrant ssh

vagrantユーザーでログインできていればOK!!!
※デフォルトでvagrantユーザーが用意されています。

  • ログアウト
$ exit

VMの終了

$ vagrant halt

その他のコマンド

  • VMの再起動
$ vagrant reload
  • VMの状況の確認
$ vagrant status

4. 仮想マシンの設定

macからvagrant上の仮想マシンのにアクセスする為の設定
[Vagrantfile]というファイルが設定ファイルになる。

今回は、Railsでポート3000を使用する為のポートフォアリング設定を追加する。

※mac側の操作だよ。

$ vim Vagrantfile
config.vm.network "forwarded_poot", guest: 3000, host: 3000

後は、リロードなり、再起動すればOKです。

お疲れ様でした♪

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away