Help us understand the problem. What is going on with this article?

Podのデプロイから削除まで~最低限知っておきたいkubectlコマンド集~

はじめに

kubectlコマンドはふだんから使わないと忘れてしまうのでその備忘録も兼ねて私がよく使うkubectlコマンドをまとめてみました。

クラスターのコンテキスト(接続情報)に関するkubectlコマンド

Kubenetesクラスターのコンテキストの一覧表示

kubectl config get-contexts

カレントコンテキストの表示

kubectl config current-context

コンテキストの削除

kubectl config delete-context <コンテキスト名>

カレントコンテキストの切替

kubectl config use-context <コンテキスト名>

リソースを参照するkubectlコマンド

リソースの種類を指定して表示する

kubectl get <リソース名>
実行例:Podの表示
kubectl get pod

全てのリソースを一括表示

kubectl get all

リソースの作成に関するkubectlコマンド

マニフェストを使用してKubernetesリソースを作成する

kubectl apply -f <マニフェストファイル名>

ちなみにファイルではなく、ディレクトリを指定するとそのディレクトリにある全てのマニフェストが適用されます。

リソースの削除に関するkubectlコマンド

マニフェストを指定してリソースを削除する

kubectl delete -f <マニフェストファイル名>

マニフェストファイル名を指定せずリソースを削除

どのフォルダでリソースを作成したか分からなくなったときに便利です。どのディレクトリにいても実行できます。

kubectl delete <リソースの種類> <リソース名>
実行例:Podを削除
kubectl delete pod sample-pod

デバッグに便利なkubectlコマンド

Podの現在の状態を標準出力

kubectl describe pod <pod名>

Podの中で行われた処理を標準出力

kubectl logs <Pod名>
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away