【俺用メモ】 CentOS6にNode.jsをインストールする

Node.jsのインストール方法が複数あって、忘れてしまうのでメモっとく。
(※2018-02-10時点)

nvmでインストールする場合

nvmはNode.jsのバージョン管理ツール。(https://github.com/creationix/nvm)
複数バージョンのNode.jsをインストールして管理することが可能。
コマンド一発で簡単に使用するバージョンの切り替えが行える。
基本的にはこの方法を使っている。

1. nvmのインストール

https://github.com/creationix/nvm#installation を参考に、最新バージョンを入れる。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/master/install.sh | bash

2. nvmインストール確認

$ nvm --version
0.33.8

3. インストール可能なNode.jsのバージョン確認

$ nvm ls-remote

4. インストール

  • 最新stableを入れる場合
$ nvm install stable

Downloading and installing node v9.5.0...
Downloading https://nodejs.org/dist/v9.5.0/node-v9.5.0-linux-x64.tar.xz...
######################################################################## 100.0%
Computing checksum with sha256sum
Checksums matched!
Now using node v9.5.0 (npm v5.6.0)
Creating default alias: default -> stable (-> v9.5.0)
  • 特定バージョンを指定する場合

(例: v4.4.5)

$ nvm install v4.4.5

Downloading and installing node v4.4.5...
Downloading https://nodejs.org/dist/v4.4.5/node-v4.4.5-linux-x64.tar.xz...
######################################################################## 100.0%
Computing checksum with sha256sum
Checksums matched!
Now using node v4.4.5 (npm v2.15.5)

(例: v5.12.0)

$ nvm install v5.12.0

Downloading and installing node v5.12.0...
Downloading https://nodejs.org/dist/v5.12.0/node-v5.12.0-linux-x64.tar.xz...
######################################################################## 100.0%
Computing checksum with sha256sum
Checksums matched!
Now using node v5.12.0 (npm v3.8.6)

5. インストール確認

$ node -v
v5.12.0

6. インストール済みバージョンの確認

-> 印が付いているのが、現在使用中のバージョン。
systemとなっているのは、yumインストールしたバージョン。

$ nvm ls
         v4.4.5
->      v5.12.0
         v9.5.0
         system
default -> stable (-> v9.5.0)
node -> stable (-> v9.5.0) (default)
stable -> 9.5 (-> v9.5.0) (default)
iojs -> N/A (default)
lts/* -> lts/carbon (-> N/A)
lts/argon -> v4.8.7 (-> N/A)
lts/boron -> v6.12.3 (-> N/A)
lts/carbon -> v8.9.4 (-> N/A)

7. バージョン切り替え

$ nvm use v4.4.5
Now using node v4.4.5 (npm v2.15.5)

8. デフォルトバージョンの指定

毎回 useコマンドでバージョン指定しなくて良いように、defaultバージョンを指定可能。

$ nvm alias default v4.4.5
$ nvm ls
->       v4.4.5
        v5.12.0
         v9.5.0
         system
default -> v4.4.5
node -> stable (-> v9.5.0) (default)
stable -> 9.5 (-> v9.5.0) (default)
iojs -> N/A (default)
lts/* -> lts/carbon (-> N/A)
lts/argon -> v4.8.7 (-> N/A)
lts/boron -> v6.12.3 (-> N/A)
lts/carbon -> v8.9.4 (-> N/A)

yumでインストールする場合 (epelリポジトリでv6.x系)

epelリポジトリでyumインストールした場合は、結構古いバージョンが入るけど
ササッと入れてちょっとした検証をしたい場合や、バージョンなんて気にしないぜ!という場合はこちらで。
(※ yumの場合は1つのバージョンしか管理できない)

1. epelリポジトリ追加

$ yum install epel-release

2. Node本体をインストール

$ yum install nodejs

3. g++, makeのインストール

$ yum install gcc-c++ make

4. インストール確認

$ node -v
v6.12.3
$ npm -v
3.10.10

yumでインストールする場合 (nodesourceリポジトリでv8.x系など)

epelリポジトリでyumインストールされるバージョンは古いので
もう少し新しいバージョンを入れたい場合は、nodesourceリポジトリを追加して対応。
(※ yumの場合は1つのバージョンしか管理できない)

公式ドキュメントに記載されている手順を実行すればOK
https://nodejs.org/en/download/package-manager/#enterprise-linux-and-fedora

1. リポジトリ追加 (スクリプト実行)

$ curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_8.x | sudo bash -

2. Node本体をインストール

$ yum install nodejs

※ epelの古いバージョンが入っている場合は、yum remove nodejs npmで先に削除しておく。

3. g++, makeのインストール

$ yum install gcc-c++ make

4. インストール確認

$ node -v
v8.9.4
$ npm -v
5.6.0
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.