Help us understand the problem. What is going on with this article?

ROS_Lesson1

More than 1 year has passed since last update.

概略

ETHの授業を参考にROSの基本的な処理ができるようになることを目的とする。
学習の指針にしてください。
http://www.rsl.ethz.ch/education-students/lectures/ros.html
ROSの説明
http://potblog.hatenablog.com/entry/2018/01/08/162323

課題1-開発環境の作成

http://wiki.ros.org/ja/ROS/Tutorials/CreatingPackage

  • ワークスペースの作成
  • catkin形式のパッケージを作る
  • 自分のパッケージをビルドしてみる
  • ターミナルでBuild Succededが出たら完了

課題2-簡単な配信と購読をやる

http://wiki.ros.org/ja/ROS/Tutorials/WritingPublisherSubscriber%28c%2B%2B%29

  • Hello World!を配信するtalkerとlistenerを自分で作る。

ROS公式のチュートリアル通りにやれば基本的にうまく行きます。
プログラミングにおいて挨拶は基本中の基本です。挨拶ができない人はプログラマーとしては生きていけないのでしっかりできるようになりましょう。

課題3-launchファイルを作りコマンドを操作する

http://wiki.ros.org/ja/ROS/Tutorials/UsingRqtconsoleRoslaunch

  • 課題2で作ったtalkerとlistenerを起動するlaunchファイルを作る
  • roslaunchというコマンドを使う
  • rosnode list というコマンドを叩き、talkerとlistenrが存在することを確認する

終わりに

ROSの基本はトピックとノードです。
これらをしっかり理解するために、わからない場合はGoogleで検索したりROS公式を参考にして自分で調べるようにしましょう。
次回はtfをやりたいと思います。余力がある人はETHのスライドを予習しましょう。

難しいと感じた人へ

https://lab.ueda.tech/?presenpress=%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E5%AD%A62016%E7%AC%AC13%E5%9B%9E#/16
こちらはかなり丁寧に解説されています。こちらをやるのも良いでしょう。

oytm677
ITを勉強している大学生
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした