Edited at

今日のスクレイピングの復習


Lv.0 大前提


①class = ○○(HTML)→.○○ { }(CSS) え?↓

<div class = "search">外国人の彼氏</div>

「外国人の彼氏」を装飾したい。



classをつけて適当に"search"と名前をつける。

.search{

文字の大きさ変えたり
 背景色変えたり
}

class部分は

.search{ }と書けば、

CSS(装飾)があたる。

(そういうものです。)


②inner_textって何?

<p>季節のコーヒー</p>

「季節のコーヒー」部分がinner_text

「p」の部分はinner_textではない。


Lv.1 検証画面→コピペ←私は何をやっていたの?

contents = documents.css(".searchResult_itemTitle")

  ①     ②  ③

画面を指差し確認しながらがいいかもです。

①ドキュメント(文章)の中の

②CSSで、(Lv.0)

③class名が

 "searchResult_itemTitle"

 (検索結果の項目のタイトル)

 となっている文章を

④「contents」という箱(変数)に入れてあげる。

 ※contentsという名前は作った人が勝手に命名した。

  englishでもSeasonCoffeeでも何でもいい。


Lv.2 each文の登場

eachからendまでが1つの塊です。

contents.each do |content|

①    ②   ③ 
puts content.inner_text
⑤    ⑥
end

----------1行目----------------------------

①contentsという箱(変数)に入った文章を

②まず1個箱から…

③出して…

④「content」という箱に入れてください。

※このcontentも勝手に命名。

----------2行目-----------------------------

⑤「content」に入った文章の

⑥inner_textの部分をputsしてください。(Lv.0)

----------end------------------------------

⑦putsしたら、

 contetsの箱の中身が無くなるまで

 ①から⑥を繰り返してください。

上と同じコードです。見づらかったらどうぞ。

contents.each do |content|
①    ②   ③ 
puts content.inner_text
⑤    ⑥
end


Lv.3 これ学ぶ意味あるの? 社会のどこで使うの?

すごい使えます。すごい使ってます。

例:Twitt○r

みんなのツイートを一覧で見る例の画面

みんなのtweet○.each do |twe○t|

puts twe○t
end

他にもF○cebookやi○stagramでも

このように実装されています。

SNSの根幹をなしています。