search
LoginSignup
6

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

AWS CDK で Docker イメージを Lambda にデプロイする

AWS Lambda でコンテナイメージがサポートされました🎉
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-for-aws-lambda-container-image-support/

また、AWS CDK 1.76.0 で早速サポートされたのでデプロイしてみました。
https://github.com/aws/aws-cdk/releases/tag/v1.76.0

CDK プロジェクト作成

まずは CDK プロジェクトを作成します。今回は TypeScript で書きます。

mkdir cdk-lambda-container
cd cdk-lambda-container
cdk init --language=typescript

Lambda Function 作成

作成されたファイルの中にある Stack を編集します。

DockerImageFunction のドキュメントは以下の URL です。
https://docs.aws.amazon.com/cdk/api/latest/docs/@aws-cdk_aws-lambda.DockerImageFunction.html

必須プロパティーは code のみのようです。
ここでは src ディレクトリーを作成して、そこに Lambda に配置するファイルを作成していきたいと思います。

lib/cdk-lambda-container-stack.ts
import * as cdk from "@aws-cdk/core";
import * as lambda from "@aws-cdk/aws-lambda";

export class CdkLambdaContainerStack extends cdk.Stack {
  constructor(scope: cdk.Construct, id: string, props?: cdk.StackProps) {
    super(scope, id, props);

    new lambda.DockerImageFunction(this, "cdk-docker-container-lambda", {
      code: lambda.DockerImageCode.fromImageAsset("src"),
    });
  }
}

コンテナイメージ作成

src ディレクトリーの中を作成していきます。

mkdir src
cd src
yarn init --yes
touch app.ts
touch Dockerfile

app.ts の中は JSON を返すだけのシンプルなものです。

src/app.ts
export const lambdaHandler = async (event: any, context: any) => {
  return {
    statusCode: 200,
    body: JSON.stringify({
      key: "value",
    }),
    headers: {
      "Content-Type": "application/json",
    },
  };
};

Dockerfile は以下の内容です。

FROM amazon/aws-lambda-nodejs:12
COPY app.js package*.json ./
RUN npm install
CMD [ "app.lambdaHandler" ]

デプロイ

CDK を利用してデプロイします。
AWS の認証情報は事前に設定されている想定です。

cd ..
yarn build
yarn cdk deploy

コンソールから確認

デプロイされたコードは見ることできません。
ECR に作成されたイメージはアップロードされ、そのリンクが表示されます。

Screenshot 2020-12-03 at 17.14.28.png

Screenshot 2020-12-03 at 17.16.55.png

ECR ではアップロードされたイメージが表示されます。

Screenshot 2020-12-03 at 17.25.47.png

Lambda 実行

空のテストイベントを作成し実行してみます。

初回は起動時間があり少し時間がかかります。

Screenshot 2020-12-03 at 17.21.00.png

2 回目以降はコンテナが使いまわされて、実行されます。

Screenshot 2020-12-03 at 17.21.10.png

同じタイミングで Lambda の課金が 100ms 単位から 1ms 単位になっているので、課金時間が上記の実行では 5ms になっています。

まとめ

Node モジュールの中には OS や CPU プラットフォームに依存するものもあるので、
モジュールを含めてローカルで開発している環境と Lambda で動作する環境を揃えられるようになりました。

re:Invent で新しいサービスや機能がどんどん出てくるので次はどんな発表があるか楽しみですね。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6