Edited at

【JavaScript】「配列」と「オブジェクト」のデータ型について学ぶ - 定義と特徴編

More than 1 year has passed since last update.

今回は「配列」と「オブジェクト」の共通している部分と異なる部分を意識するため、いくつかのトピックごとに分けてまとめてみる。

「ノンプログラマのためのJavaScript はじめの一歩」 第2章 JavaScriptの文法 より


データ型「配列」と「オブジェクト」の定義と特徴

どちらも以下の点で共通している。


  • 複数のデータを , で区切り、1つにまとめることができる

  • 「値」には、変数同様に色んなデータ型を入れることができる


配列



  • [ ... ] で囲われている部分


  • , で区切られたそれぞれの値を 要素 と言う

var foo = [

'値A', // <- 要素
'値B'
];


オブジェクト



  • { ... } で囲われている部分

  • プロパティ名: 値 のペアで記述する


  • , で区切られたそれぞれのペアを プロパティ と言う

var foo = {

'プロパティ名1': '値A', // <- プロパティ
'プロパティ名2': '値B'
};


まとめ

配列とオプジェクトの大きく異なるポイントは プロパティ名: 値 のペアで記述する の有無だと思った。

実際の用途ケースがどう違ってくるのか、 dog という変数名があったとして〜というケースで少しイメージしてみた。


配列を使うなら

ある種類において共通した名称の値を入れる時によさそう。

var dog = [

'Chihuahua',
'Shiba',
'Pug'
];


オブジェクトを使うなら

1つのデータに付随する様々なデータを入れる時によさそう。

var dog = {

'breed': 'Chihuahua',
'name': 'Doc',
'sex': 'Male',
'age': 7
};

今回はここまで。

次は「配列」と「オブジェクト」のデータ操作についてまとめていく。